虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

肩こりとカフェイン

17060313.jpg


最近では、コーヒーは一部の癌の予防になるとかの研究結果も出てきて、
かつては否定的なイメージばかりが強かったカフェインも
だんだんとイメージアップを図っているように感じます。

でも、それでもやっぱり、私はカフェインが苦手。
カフェインの入った飲み物を、カップに一杯くらいなら大丈夫なのですが、
何杯も飲んでしまうと、胸焼けがしてくると同時に、
頭もクラクラしてきて、今にも倒れそうになってしまいます。
これって、カフェインアレルギーとか
カフェイン過敏症と呼ばれる症状らしいですね。

そんな症状が出てくるにもかかわらず、
最近は、ついついチャイティーに凝ってしまって、
毎日、一杯ずつ、チャイティーを飲み続けてしまいました。

チャイティーとは、インドのスパイスたっぷりのミルクティのことです。
手軽に飲みたかったので、自分でシナモンやクローブ等のスパイスに加え、
ココナッツミルクを入れたものを作って飲んでいました。

とっても美味しかったんですが、でも、やっぱり
カフェイン過敏症の、今度は別の症状が出てきてしまいました。

身体の、特に肩の部分に過剰な緊張を感じるようになってしまったのです。
もしかしたら、これが慢性的な肩こりというものなのかもしれません。

元々カフェインの入った飲料を飲むと目が覚めると言います。
これは、言い方を変えれば、身体や脳に対し、緊張を与えることになり、
目が覚めたように感じることもあるということなんですね。

でも、その緊張があまり望ましくない形で現れてくると、
身体の柔軟さが損なわれて、身体が硬くなったり、
ひどくなってくると、凝りや痛みの原因になることもあるんだと、
今回、つくづくと実感することができてしまいました。

身体だけでなく、心においてもそうですが、
緊張が続きすぎてもダメだし、かといって、
ずっと、ゆったり感が続き過ぎるのも良くありません。
緊張と弛緩のバランスが、とても大切です。

私のように、カフェイン過敏症でなければ、
カフェインの影響が極端に出る人は多くないかもしれません。

でも、そんな中でも、夜眠れないという人だけでなく、
身体のあちこちに凝りの症状が出ているという人は、
カフェインを過剰に取り過ぎていないかを
チェック項目のひとつに入れてもいいのかもしれないと、
今回の体験で実感できました。

もちろん、凝りの原因は、カフェインだけではありませんけども。


そして、凝りが始まってからの私は、もちろんチャイティは控えて、
代わりにリラックス効果のあるカモミールのハーブティーに
いろいろアレンジをして飲んでいます。

それと同時に、肩の力をすべて抜いていくというイメージをした後に、
呼吸法を使ったゆったりとした首の運動をこまめに行っています。
それで、だいぶ改善されてきたのですが、
外に出たときに、ついついミルクティを飲んでしまうと、
やはり、肩に過剰な緊張を感じてしまいます。

それで、やっぱり、肩の異常な緊張感はカフェインが原因なんだなと
さらに実感はできるのですが、
もう少し真面目に精進しないといけませんよね。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

ヴィッキーさんの夢から

17060308.jpg


数日前、とても珍しいと言えるくらいに本当に久しぶりに、
ヴィッキーさんが夢に出てきました。

ヴィッキーさんは、オーラソーマの創始者の人で、
すでに亡くなっているのですが、
亡くなるとき、天界からオーラソーマを見守るという言葉を残して
肉体から去って行かれたと聞いています。

でも、夢の中では、ヴィッキーさんは
まだ私と同じ人間の世界にいると、私は考えていて、
ヴィッキーさんのセミナーを受けていたのでした。

夢の中でセミナーを受けながら、
私は、もっときちんとオーラソーマをやるべきなのかな、とか思っていて、
もしそうなら、目の前にあるオーラソーマのボトルが勝手に動くはず、
なんて心の中で考えると、しっかりと、目の前のボトルが
宙に浮いたりして、勝手に動くのでした。

やっぱり、もうちょっと、ちゃんとやらないといけないのかな、
などと考えているうちに目が覚めたのでした。


現実の世界では、最近でも、オーラソーマのボトルは、
自分でも使ってはいるのですが、
その使い方は、心のケアのため、ではなく、
身体的な不調の改善のためと、ちょっと違う使い方をしていました。

今年の春は、うちの庭にとても虫が多く発生してしまい、
庭の木や花がやられてしまうので、
殺虫剤は使わないものの、虫を筆ではたいて花から落としたり、
ちょっと大きめの虫は、割り箸でつまんで、
敷地から出ていってもらったりしていました。

できるだけ殺さないようにはしていたものの、
筆ではたいたりしているうちに
幾つかの虫たちは、お亡くなりになってしまうこともあったようで、
そうなると、その日の夜には、私自身の足が痛くなってしまうのです。

虫さん達の苦しみが、こっちに入り込んでしまうというか。。。
私自身が虫を痛めつけたのだから、
その苦しみが私に返ってくるのはカルマとしては至極当然のことではあるのですが、
やっぱり、なんとかならないものかと思ってしまって、
赤い色が入っているオーラソーマのボトルを痛いところに塗ったりしていました。

赤は第一チャクラの色なので、足に塗るならレッドになるからです。

レッドのボトルを塗ると、不思議なことに足の痛みが、かなり和らいでくれるので、
一日一回は、ボトルを身体に塗っていました。

オーラソーマは、ハーブを始めとした植物で作られているので、
身体に対して効果があるのは当然と言えば当然のことなんです。

ただ、そういったことを目的として作られているわけではないため、
薬としての届け出はしていないので、
身体にも効くと言って販売をしてしまうと、薬事法違反になってしまいます。
だから、そういうことは言わないんですけども。

もっとも、身体の痛みがエネルギーの詰まりから来ていると考えれば、
ハーブなどの処方で痛みが取れるというのも
とても自然で納得のいくことだとも思えます。

でも、そういった身体的レベルの話だけではなく、
色が作り出す世界を見つめていくという意味で、
もっとオーラソーマを見ていきたいかもと、
そんなことをヴィッキーさんの夢から感じたのでした。

チャクラそのものが、ひとつの世界として例えることができるので、
例えば、レッドを通して第一チャクラの世界を感じ、見ることができるし、
例えば、ブルーは第五チャクラ(喉のチャクラ)に対応しているので、
ブルーを通して、そのチャクラの世界を見ることができると。

チャクラそのものがひとつの宇宙を創り出していると考えれば、
色を見つめていくことが、宇宙の一部を見つめる事にも繋がります。

そういったことが、本当のオーラソーマの醍醐味ですよね。

こういったことを考えさせてくれたせっかくの機会です。
色の持つ世界を感じる時間を、少し作ってみようかな。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

猫は毛皮を着替えて帰ってくる 第9話【カルマの法則その2】

17041803.jpg


ミラムちゃんは、ネコの中でも、とても運動能力の高い
アビシニアンという種類の女の子でした。
でも、その次の生のダイちゃんでは、ネコの中でも運動能力がかなり低い
スコティッシュフォールドの男の子になりました。

私はスコティッシュを飼ったのは初めての事だったのですが、
アビシニアンとスコティッシュって、とても同じネコとは思えないくらいに、
運動能力に大きな差があることに、ちょっとビックリしてしまいました。

こんな風に書くと、ミラムちゃんの生から、ダイちゃんの生へと、
カルマの連鎖で繋がっていないようにも聞こえなくもないですよね。
でも、ミラムちゃんが肉体から去ったときの様子を思い出すと、
それはそれで、ちゃんと繋がっているのかなと思えてくる節があります。

というのは、ミラムちゃんが亡くなる直前は、
後ろ足が尋常じゃないくらいにパンパンに腫れて、
自力で歩くことさえも出来ないような状態になってしまっていました。

人間であれば、足に異常を来すときは、
それまでに蓄積された『嫌悪のカルマ』が表に出てきたと考えるのですが、
ミラムちゃんの場合も、やはり、そうなのかもしれないのかなと考えるしかありませんでした。

嫌悪というのは、他の人に対して、ものすごく憎悪を向けるということだけでなく、
例えば、暑さや寒さにに対する嫌悪だとかの、本当に些細なことまでを考えれば、
まず、他を嫌悪することがない魂が存在していたとしたら、
それは、もう奇跡と言っていいほどに稀なことだと思います。
それだけ、嫌悪の心というのは、その大きさの差はあっても、
誰の心にも存在しているものと言えると思います。

ただ、そのカルマが、いつ、どんな形で吹き出すかの違いだけと考えれば、
本来であれば、来世に持ち越すよりは、
場合によっては、カルマを浄化するという意識がある今のうちに
落としてしまった方がいいという考え方もできます。

カルマを意識の内側に、どんどん溜め込むのではなく、
出来るだけ早く浄化してしまった方が、
きれいな心が保たれるという考え方です。

そんなカルマですが、ある程度まででも浄化された状態で
意識が肉体から離れることが出来れば、
次の生を幸せに過ごせることができるのですが、
ミラムちゃんの場合は、カルマを落としきれないまま
転生をしてしまったのかなと、そんな風に感じています。

そのために、スコティッシュフォールドとなってからも、
ミラムちゃんの最期のときに、パンパンに腫れていた後ろ足と同じところが、
少し不自然に腫れていて、ときには痛みを感じているのかなと思えるような
声を出すときさえ、あったくらいでした。

そんなカルマを残してしまったからこそ、
運動能力においては、同じネコでも、かなりの差がある種類へと
生まれたのかなと、見ていて思うのでした。

とはいっても、少しはカルマを浄化出来ていた部分ももちろんあって、
普段は、自分でちゃんと歩けるだけでなく、
動きが少ないと言われているスコティッシュとは思えないくらいに、
1歳を過ぎた今も、しょっちゅう、家中を力一杯に走り回ったりはしています。

そのあたりは、上下運動こそ、あまり得意ではないけれど、
アビシニアンの頃の癖が残っているのかなと思えるのでした。

それと、ミラムちゃんの最期のときは、
自分では歩けない状態になっていましたが、
スコティッシュとなってからは、少し運動神経が鈍くはなっても、
自分の力で、歩いたり走ったり出来るようになっているというのは、
やはり、ある程度は、カルマが浄化されたのかなと思えたりもします。

でも、アビシニアンのミラムちゃんのときは、
雑種のくうちゃんが、すぐには登れないようなところでも、
軽々とジャンプして、くうちゃんに捕まることなど、ほとんど無かったのですが、
スコティッシュのダイちゃんになってからというものは、
くうちゃんが、ちょっとでも高いところに行ってしまうと、
自分はそこまでジャンプできないので、
くうちゃんを見上げながら、クーンクーンと小さな声で鳴いたかと思うと、
そのまま、テラスに走って出ていって、
誰もいないテラスに出ると、そこで初めて大きな声で、
フニャーっと叫んだりすることもあって、
そんな様子を見ていると、なんだか可哀想に思えることもあるのでした。

無意識だとは思いますが、前は出来ていたことが出来なくなっていることを、
なんとなく覚えていて、それで余計に悔しいのかなと、
見ていると、そんな風に感じたりもします。

でも、毎日、そんな風に走り回っているせいか、
ダイちゃんとして、うちに初めて来たときよりも、足を痛がらなくなったし、
動きも速くなってきたように思えます。

元々、日常生活には支障は無い程度だったから、
まあまあ、これで良しかなと思ってる部分もあるのですが。。。

それから、女の子から男の子になったのは、
ミラムちゃんは、女の子のときから、かなりオテンバだったし、
今生は男の子になっても、なんだか仕草が優しくて、
いまのところは、ちょっと見た目は女の子に見えてしまうので、
端から見れば、あまり変わってないと思えてしまいます。

どちらの生でも、避妊去勢をしているので、
ずっと中性っぽい感じと言っていいですしね。

とにかく、ひとつ言えることは、カルマというのは、生をまたがっても、
ずっと続いているということが、逆に実感できてくるのでした。

死んでリセットされるのではなく、前の生の続きが今生で、
今、私たちが行っていることが、来世も含めた未来を作っているということを
ダイちゃんを見ていると、しみじみと感じています。


17042801.jpg

窓の外を眺めていたダイちゃん。
カメラを向けたら、しっかりカメラ目線で対応してくれました。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ