虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

2018年を振り返って

2018121701.jpg


本当に久しぶりのブログです。
なんとか、2018年の最後の日に間に合ってよかったです。

2018年は、私は何をしていたかというと、
大きなイベントとしては、年の前半はヒプノセラピーを習っていました。

ヒプノセラピーとは、催眠療法によって、自分自身の過去や過去生を見、
そこから私たちの中にある、心の囚われのようなものの原因を見つめ、
その囚われのようなものを取り除いていくといったようなこと、ということでいいのかな。

元々、ヒプノセラピーは、もう何年も前に
ブライアン・ワイス博士の『前世療法』という本を読んで興味は持っていました。
ただ、本格的に行うまでには至らなかったんですね。

それが、一年ほど前、オーラソーマのコンサルテーションに来てくださった方に
セッションを行なっている時、クライアントさんが
退行催眠がかかったような状態になってしまい、目を閉じた途端に、
幼い頃の記憶が、感情と共に、明晰に蘇るという出来事がありました。

その時は、オーラソーマの『カウンセリングスキルコース』で
教えてもらったことを応用しながら対応しました。

ただ、終わってから、本当はもっと効果的な方法が
あるのではないかという思いが出てきて、
それで、半年ほどかけて、本格的なヒプノセラピーを覗いてきました。

ヒプノセラピーは、深い意識の中に入った状態で暗示をかけていくので、
高い効果があり、とても効率的な療法であると感じました。

反面、暗示をかけていくセラピストが、心というものの世界の全体像を知らなかった場合に、
心に問題が生じたと思われるポイント、ポイントのみをピックアップして、
心を暗示によって無理矢理に変容させ続けてしまった場合は、
いつの間にか、何かいびつなものが出来上がってしまうこともあるのではないかと、
そんな心配がよぎってしまったことも事実でした。

もちろん、今、抱えている大きな問題を、とにかくこういう方向に
変容させたいと考える場合は、本当に効率的なセラピーだとは感じます。

それらのことを踏まえると、私自身は、やはり、自然界とつながって、
自然な流れの中で変容が行われていくオーラソーマを中心に
これからもセッションを行なっていきたいなと、今は、そんな風に感じています。

ただ、そんなことを書いてみても、ヒプノセラピーのセミナーの中では、
私自身が催眠をかけたり、かけられたりを繰り返したわけですが、
そこでの体験は、やはり、とても興味深いものでした。

その中での私自身が催眠をかけてもらって体験したことを、
そのうち機会があれば、書いてみたいなと思います。

それが、今年の前半の出来事。

後半はどうしていたかというと、体調を崩すことが多く、
寝込みがちだったように思います。

前半でも、時々、咳き込んだり、高熱を出したりをしていたのですが、
後半は、それが酷くなっちゃった感じですかね。

といっても、今は、ゆっくり休んだおかげで、
体調はすっかり元に戻って、元気になっておりますので大丈夫です。^^

ということで、これに懲りず、来年もまた、よろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください。



ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン

18013105.jpg


夕べは「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と言われる皆既月食でした。

なぜ、こんなに長い名前になっているのかというと、
ブラッドムーンが月食を意味するのですが、
ひと月に満月が2度訪れるブルームーンと、
月が地球に接近して大きく見えるスーパームーンとが重なったから。

なんでも、この三つが重なったのは、152年ぶりなんだとか。
そして、152年前の日本は江戸時代末期で、
スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンの直後の2年弱の間に
大政奉還が起こったのだとか。

そんな風に、宙(そら)を見ていると、
なんだか、目には見えない大きな流れも
一緒に見えてくるような気がします。

でも、夕べの月を実際に目にしていると、
そんな激しさよりも、やはり月の静けさを、まずは感じました。
とは言っても、やっぱり、目に見える速度で形を変えていく月は、
いつもの静かな月とは違って
内側に秘めた大きなエネルギーも同時に感じてしまいます。

月は潜在意識を表す星。
その月が、大きく私たちに、いつもとは違った表情を見せたということは、
私たちにも、知らず知らずのうちに大きな影響を与えてくるのでしょうか。

ここ何年かの日本を見ていると、どこを切り取るかで
とても状況が良くなっているように見える部分もあれば、
逆に、悪くなってきているように見える部分もあります。

でも、共通して感じるのは、
どんな現象も、元々、それぞれの人が内側に持っていたものが
表面に出てきているのに過ぎないのではないかということ。

それは、言い方を変えれば、潜在意識にあったものが、
いろんな形をとって、表層に現れてきたと言えると思います。

もしかしたら、今回のスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンをきっかけに
それぞれの人が元々持っていた内側のものが
もっともっと、いろんな形で吹き出してくることになるのかも、
なんて、そんなことも感じました。

そして、それが大きな社会現象として
動き出していく可能性が出てくるのかもしれません。

そんな内側のものが吹き出してきた時に、
私自身が大事にしていることは、とにかく謙虚であること。
傲慢になってしまうと、いろんなものが見えなくなってしまうし、
そうなると、現象もおかしな方向に向かってしまいます。
だからといって、その謙虚さは、卑屈になることとも違います。

ありのままを、ありのままに見つめ、受け入れること。
そして、そこから自分の進む方向を見つめること。

そんなことも、夕べのスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンは
感じさせてくれました。


ところで、今回の写真は、昨日の月食を撮ったものには違いないのですが、
すっかり手を抜いてしまい、自分の部屋の窓から撮ったもので、
窓を開けると、猫に迷惑そうな顔をされてしまったので、
月食が始まった時に、一回だけ撮っただけだったのでした。

朝になって、パソコンに取り込んでみると、
影になった部分の方が、綺麗に映るんだということが初めてわかって、
月食の真っ最中に撮らなかったことを、ちょっと後悔しています。(汗)

丸い赤い月を見たい人は、検索して他で見てくださいね。

でも、今回は、赤い月を見ることができて、良かったです。



ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ


寒くなりましたね

17112405.jpg



今日の箱根仙石原は、風は少し強かったものの、
昨日よりは暖かな日差しを感じることのできた日でした。
それにしても、ここのところ、本当に急に寒くなってきましたね。

急に寒くなってしまうと、体がその寒さに慣れていないせいか、
心が寒さに負けてしまっていたようです。
そのため、昨日などは、これはちょっと考え直さないといけないと感じるほどに、
必要以上の厚着をして、いつもの夕方の散歩をしていました。

去年までは、10年近く前に買ったダウンジャケットをよく着ていました。
ダウンは、軽くて暖かなので、かなり気軽に着ることができていました。
でも、10年近く着ていると、あちこちに綻びが出てきて、つぎはぎだらけ。
新しい物を買えばいいのですが、ダウンをどうやって作っているかを
具体的に考えてしまうと、鳥たちが可哀想で買うことができなくなっています。

逆に言えば、10年前は、何も考えずに買ってしまったってことなんですけど。

毛皮や皮もそうですが、動物たちの暖かな肌を剥ぎ取って、
それを、自分が快適になりたいがために身につけるって、
想像してみると、本当に残酷なことです。

でも、いったん、その快適さを覚えてしまうと、
なかなか、その快適さを手放すのは、気持ち的に難しいのも確か。

毛皮や皮は、そもそも買ったことが無いのでいいのですが、
ダウンにしても、私のために殺されてしまう鳥を増やすのは、
本当に止めにしたいので、もう二度と買わないと心に決めたのでした。

といっても、動物の肉は、時々は食べているんですよね。
それを考えると、自分が生きるために犠牲になってしまう動物は、
本当に最小限にしていきたいと、つくづく思ってしまうのでした。

本当に、この世界は弱肉強食で、他の生きものを犠牲にしないと生き残れない世界です。
こんな世界で愛を育むことって、それだけで過酷な修行のような気さえしてしまいます。

と、なんとなく、冷たい空っ風が吹くのを見ていると、
そんなことばかりを考えてしまいました。
とりあえずは、食べるものや呼吸法で、
まずは、体の中を温めていく方法を考えていこうと思います。


写真は、ガラスの森美術館のガラスのツリーです。



ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ