Category

◆占星学◆ 1/5

金環日食とヴィーナストランジット

今年も早いもので、もう5月になってしまいました。 なんだか、ついこの間、新年を迎えたばかりのような気がするのですが。。。時々、毎日がマンネリになっていると、時間が経つのが早く感じるということを耳にすることもあるのですが、私の周りでは、今年に入っても、バタバタといろんなことが起こっていたというのに、やっぱり時間が経つのは早いです。時間を感じる感覚って、マンネリな日常だからとか、そうでないとかいうよう...

  •  8
  •  -

月食

昨夜は、晴れていた地域では、皆既月食が見られたようですね。うちの方は、残念ながら、皆既月食が近づいてきた夜10時頃には、空は雲に覆われていたようで、真っ暗な夜空となっていました。天気予報では、晴れだったのですが…。もっとも、山の天気は変わりやすいという言葉の通りに、ここでは、平地にいた時ほどは、天気予報は的中しないようです。でも、夜空を見上げることができなかった分、部屋の中では、じっくりと、瞑想の...

  •  0
  •  -

星を感じる

こちらのブログが、すっかりご無沙汰になってしまっています。(汗)最近は、占星術とオーラソーマの方のブログはだいたい毎日のように書いているのですが、いくつものことが、いっぺんには出来ない性質のようで。。。(滝汗)ただ、『色と星の暦』を、毎日のように書いていることで、毎日、その日のホロスコープを見ることにつながってきているので、ブログの中では、さも、わかりきったような言葉遣いをしながらも、本当は、私自...

  •  0
  •  0

占星術でのメールリーディング

少し前の出来事になるのですが、ある方から、メールリーディングを頼まれたときのことです。その方は、以前にも、オーラソーマのコンサルに足を運んでいただいたことのある人でした。コンサルテーションのときもメールリーディングのときも、その方の抱えている問題の基本は同じでした。上司とうまくいかないと。。。で、メールリーディングのときは、それまでは、私のやり方として、ホラリー占星術といって、相談された時点でのホ...

  •  2
  •  0

水星逆行と心の変容

9月7日から9月29日まで、水星が天秤座と乙女座で逆行しています。一般的に水星が逆行するときは、コミュニケーションの行き違いが起こったり、情報伝達ミスや計算間違いなどが起こりやすいとされています。でも、現象面では、けっこう面倒くさいときと感じるこの時期も、精神的に自分を見つめていくことに使えば、悪くない時期とも言えそうです。たとえば、いままでのことを、じっくりと振り返って、いろんな意味での整理を行って...

  •  0
  •  0

かに座のうるう月と皆既日食

昨日はかに座の新月であり、皆既日食でした。また、6月に起こった新月もかに座での新月だったので、今回は、かに座の新月が連続2回目だったんですね。こういうのを、うるう月というそうです。うるう月と日食が重なった昨日は、大変珍しい日のようです。ところで、権力の象徴である太陽を民衆の象徴である月が隠してしまう日食の時は、クーデターが起こりやすいのだとか。そういえば、麻生さんが衆議院を解散したのは、二日前。その...

  •  0
  •  0

すべては必然

オーラソーマ&占星術・ボトルコンサルテーションの9月のモニターは、昨日で、すべて終了しました。ありがとうございました。10月にもモニターは行いたいと思っているので数日中に募集を出します。また、次回もよろしくお願いします。ところで、今回、オーラソーマと共に行っている占星術はホラリー占星術といって、クライアントさんが訪れたタイミングでのホロスコープを作成して、クライアントさんの課題を観ていってます。な...

  •  0
  •  0

今年の夏至のホロスコープ

もう一週間近く経ってしまいましたが21日は夏至でしたね。占星術では、その年度の情勢などを占うときには春分点のホロスコープを出して占術を行ったり、3ヶ月単位の情勢を見るときは、夏至点、秋分点、冬至点のホロスコープを出して占うというやり方があります。なので、今は、春分点と夏至のホロスコープを打ち出して眺めてみたりしています。といっても、あんまり予言めいたことは好きではないので、それほどは細かく見たりはし...

  •  2
  •  0

ボイドが与えてくれる幻影

ボイドとは、月の働きを無効にする時間と言われ、この時間帯には、一般的に人の感覚が敏感になり、想像力が活発化すると言われています。でも、それでいながら、この時間帯に決めたことや行動を起こしたことは、当初の目論見から外れて予想外の結果を招いてしまうことが多いともいわれています。(ボイド占星学 石川源晃著 より)やはりそれは、その想像力が、地に足がついていないというか、むしろ、想像ではなく、妄想の世界に...

  •  0
  •  0

水星の逆行の恩恵(?)

水星の逆行に入ってから10日程経ちますが、やはり、その影響を受けてか、ケアレスミスが普段より多く目立っているような気がしています。夫などは、仕事の打ち合わせの日を一日間違えてしまうなど、いつもなら考えられないようなミスもあったりして。。。これを全部、水星のせいにしてしまうのもどうかと思いながらも、やっぱり、自分の行動をきちんと意識していないと、星の力に振りまわされてしまいがちだなぁと、実感していると...

  •  4
  •  0

水星の逆行

昨日(27日)から、水星の逆行に入りました。水星の逆行は年に3回ほどあり、今回は、太陽がふたご座で起こります。水星は、ふたご座の主星でもあるので、今回の逆行は、作用が少し大きいかもしれないですね。水星の逆行のときは、メールが届かなかったりとか、電話が繋がらなかったりとか、コミュニケーションでの行き違いが起こることが多いようです。旅行の計画も、この時は控えた方が無難。また、大きな買い物や、大切な契約事は...

  •  2
  •  0

おとめ座の月のボイドタイム

おひつじ座の太陽と、おとめ座の月の21日は、一日中、ボイドとなります。正確には、21日の午前0時28分から22日の午前0時44分までに、ボイドタイムが起こります。すべての人に共通する影響としては神経が必要以上に繊細になりすぎて、他人のミスや、だらしない態度が許せなくなりがちです。でも、この日もまた、月と木星の吉角の影響は、少し弱くなったとはいえ続いているはず。誰に対しても、そしてどんなことにも、感謝する気持ち...

  •  4
  •  0

月と木星の吉角の日

この記事もまた、予約投稿です。おとめ座の月の20日の日。月は、幾つかの星とアスペクトを組んでいます。とくに、木星と月の吉角は、宗教やスポーツ、そして旅行に、たいへんいい星回りだと言えるでしょう。でも、このように、この日は、月がすべての星と、良い角度を持っているとは限りません。なので、感情的になりやすい一面と、理性的に物事を捉えようとする一面とが、極端に出てきやすいかもしれません。どの星回りと共鳴する...

  •  0
  •  0