虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

紅葉は終わったのですが

先日の雪で、箱根はすっかり落葉してしまい、既に紅葉は終わっているのですが、ずっと更新していなかったので、今日は、今年の紅葉の写真だけでも。実は、今年の紅葉よりも、去年の紅葉の方がきれいだった記憶があります。紅葉が、その年によって違いがあるなんて、箱根に住むまでは、あまり感じることはありませんでした。気候によって、自然の色合いもいろんな表情を見せてくれるものなんですね。最近の気候は、きちんと順番に四...

『イグアナの娘』から…その2

親のトラウマは子供に伝播するといいます。それは、いろんな形で、子供へと伝わってしまうもののようです。私の母も、ある大きなトラウマを抱えていました。母は再婚で、前の夫とは死別でした。そのとき、二人の間には息子を授かっていたのですが、前夫が亡くなった後、母と息子は実家に帰って暮らしていたそうです。しかし、嫁いだ先は、いわゆる名家で、しかも前夫はひとり息子でした。そのため、母の夫であった人が亡くなってし...

『イグアナの娘』から…その1

子供の頃、好きだった漫画家さんのひとりに、萩尾望都さんがいました。子供の頃から、SF小説、SF映画、SFアニメ、SF漫画などが好きだったのでその流れで好きだった作家さんでした。そして最近、Kindleなんてものを利用していると、読みたい本がKindleになっているとたったワンクリックで読めてしまうんですね。ということで、ついつい萩尾望都さんの漫画が懐かしくてこれまでに読んでいなかったものを、いくつ...

巡り会い

今度は熊本を中心とした九州で、大きな地震が起こりました。被災された方々には、お悔やみとお見舞いを申し上げます。被災された方々が、少しでも早く、悲しみや苦しみから解放される日が来ることを、心からお祈り申し上げます。今回の震災を受けて、ザッとですが、いろんな記事をネットを通して見ていると、南海トラフ地震の前兆なのでは、という事を書いている人もいれば、逆に関係ないと書いている人もいて、いろんな意見が飛び...

2016年のひと文字

今日の箱根仙石原は、さっきまで、ハラハラと雪が降り続いていました。いまは雪はやんでいるものの、空はどんよりとした雲に覆われていて、窓の外は、すっかり冬の景色です。ところで、ずっと以前は毎年やっていたのですが、最近では、気が向いたときにだけ行っていた『今年のひと文字』。その年の豊富とする文字をひと文字だけ選ぶというものです。去年は本当にバタバタとしていて、今年の年始めもそんなことを考える余裕はなかっ...

箱根の近況と、私の近況

またまた久しぶりの更新になってしまいました。あれから、ここ何日も、箱根も猛暑にみまわれています。もっとも、猛暑といっても、ここは標高650メートル強のところ。どんなに暑くても、30度を少し超えるくらいでしょうか。でも、箱根で30度を超える日がこんなに続くのも珍しいことのようですね。噴火の方は、警戒レベルは相変わらず3のままですが、体に感じる揺れは、もうほとんどないし、立ち上がっている水蒸気も、遠目からは...

自由の定義

ほんの少し前に、バースナンバーが33の友人から久しぶりの連絡をいただきました。友人といっても、面識はあるものの、別れ際にお互いに連絡先を聞いたりしなかったので、それっきりになっていた人だったのですが。それが、偶然にこのブログを見つけてくれて、それで連絡をいただいたという感じでした。お互いに連絡先を聞かなかったこと、にもかかわらず、たまたま偶然にブログを見つけてくれてすぐに連絡をくれたことも、なんとな...

ピンクの睡蓮

今日は少し晴れ間が出たものの、箱根仙石高原は、まだまだ梅雨の真っ盛りというお天気が続いています。そんな中、お庭でちょっと、うれしい出来事がありました。2年前の春に、義父が、睡蓮を二株ほど金魚と一緒に持って来てくれました。古い浴槽を庭に埋めて作った池に、何もなくて寂しいからという配慮からでした。持って来てくれたのは、ピンクと黄色の睡蓮がひと株ずつということだったのですが…。でも、その年も、そして、その...

本当に大切なものの意味

今日は朝から晴れているので、箱根仙石原の大雪はだいぶ落ち着いてきました。昨日の状況はこちらのブログからご覧ください。ただ、落ち着いたと言っても、箱根登山鉄道の方は、今日の夕方から再開できる見通しがついたとお昼頃だったかに、町内の放送が流れていたにも関わらず、夕方になったら、けっきょく無理だったと放送が流れましたが。。。生活面でも、車で買い物に行ける状態になるまでには、もうちょっと時間がかかりそうな...

心の現れと引き寄せの法則

数日くらい前のこと、待ち合わせの時間までに少し間があいてしまったので、ひとりでカフェに入って時間をつぶすことにしました。すると、隣の席には、お母さんと2歳くらいの女の子の二人連れの親子が、食事をとっていました。女の子は、まだ食事の席にじっと座っていることができるような年齢ではないようで、店の隅にある、おもちゃを取りに行ったりして、ウロウロして落ち着かない様子でした。とはいっても、けっしてうるさいと...

2014年のひと文字

新しい年が始まりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年の元旦は、新月も同時に訪れました。元旦と新月が重なるのは、およそ19年周期であるそうです。2014年の前に元旦と新月が重なったのは1995年。思い起こしてみると、1995年は私にとっては大きな節目の年だったので、今年もなにかあるんだろうかと、ちょっとドキッとしてしまいました。そして、次に元旦と新月が同時に訪れるのが2033年なのだとか。それまで生きて...

仙石原の雪

とても久しぶりのブログになってしまいました。今日は箱根仙石原では、お昼前から雪が降り始めました。こんなに降り続くのは、この冬初めてです。箱根の冬は、やはり、川崎に比べると、少し長いし、寒いです。今年は、秋があっという間に終わってしまったせいか、11月から、明け方は氷点下になってました。この地域に子供の頃から住んでいる近所の人は、みんな声をそろえて、ここの冬は嫌いだと話しています。でも、ここに住んで、...

ありのままでいること

ずっとブログをサボっていたら広告が出てしまいました。ということで、慌てての更新です。最近、時々考えていることがあります。それは、物事をありのままに見るためには、自分の中にある、いわゆる欲と言われるものの存在が本当に邪魔になっているんだなということです。その欲というのは、物欲や金銭欲はもちろん、権力欲とか支配欲、それからプライドも含めたすべての欲をさします。それは自分の見たくないものに対しては、自分...