虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

久しぶりに…

昨日からずっと続いていた雨が朝になってようやく上がったので久しぶりに近所を散策してみました。すると、もう、すっかり秋なんですねぇ。気がつかないうちに、時が駆け足で過ぎ去っていってるようなそんな、ちょっと寂しい気持ちも顔をのぞかせたりして…。これも、秋の感覚なのかもしれませんね。...

No image

山古志村の唯一のお医者さま

最近では暗いニュースが続いて、気持ちがふさぎがちだったんだけど、今日のお昼にテレビでみた山古志村での唯一のお医者さまである佐藤医師のお話は、見ていて心が和んでホッとするものがあった。村の人たちは、親身になって病気を治療し、たとえ夜中でも往診に駆けつけてくださる佐藤医師に、誰もが口々にとても感謝していて、佐藤医師が無理をしすぎて逆に体を壊さないか心配すらしていた。一方、佐藤医師の方は、それに対してお...

No image

心を落ちつかせる呼吸法のご紹介

皆さんのハタヨーガの認識はどういうものかわからないのですがヨーガって体を動かす体操だけでなくジッと座って、呼吸法を行ったり、瞑想を行ったりもするんですね。で、突然なのですが、今日はずっとやっていたハタヨーガの中から心がうつうつとして元気が出ないときや、あるいは心がざわついて、うるさくてしょうがないときなんかに効果が高いといわれている呼吸法を紹介してみますね。まず注意点として、ヨーガを行う3時間ほど...

ルチルクォーツ

レムリアン・スモーキークオーツ石にひとめぼれするって、ふつうでは考えられないことかもしれないんだけどそんなことが、ほんとうにあったりするから不思議です。現に私も、何年か前に石にひとめぼれしてしまったことがあります。それは、なんとはなしに、富士山の麓の中山湖畔にある水晶屋さんにいったときのことです。数ある石の中で、それを手にしたときその丸い水晶の中に閉じこめられている針の細やかさと力強さと美しさにし...

小さい秋

夕陽をみるたびに、子供の頃に、母の帰りをひとりで待っていたことを思い出す。あのときは、ちょっと寂しさもあったけど過ぎてしまうとどんなことも、甘くて、切なくて、でも、かけがえのない思い出に変わっていくね。...

秋の夜長は

だんだん夜が長くなってきたけどみんなと一緒だから寒くないね、ってまるで、そんなおしゃべりを楽しんでいるよう…。...

No image

チベット、ラサでのこと

今日はチベットに行ったときのお話しです。もう、いまでは、映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」などの影響で、今現在、チベットが中国に占領されているということはご存じの方も多いと思います。私が、チベットに行ったときも、中国がチベットを攻め入った影響がまだ色濃く残っているときのことでした。チベットは、そこに住むすべての人が信仰心に厚く、極端な話、ほとんど一日中、祈りのために時間を捧げていると言っても...

秋色の花

偶然にフォーカスがかかってしまっただけなんだけどなんだか、ちょっとだけ幻想的な雰囲気に変わってしまうのが不思議。一瞬だけ、別の空間へテレポートしてしまったようなそんな時間が味わえました。ほんとうは、道の片隅にひっそりと咲いていた名もない小さな花だけど秋の寒さに負けないで、頑張って咲いてます。...

日だまり

空も地面も、もうすっかり秋の色。そんな中で、小さくても日だまりをみつけるとなんだか幸せな気持ちになる。地球に降りそそぐ日の光ってときには厳しいときもあるけれど今日の日だまりはなんだか優しさを感じた。...

秋色の風景

垣根の上に落ち葉が落ちただけなんだけどまるで秋色一色に染まってしまったような静かな風景。垣根の葉っぱたちは最後の力を振り絞って元気に秋色に染めているよう…。...

落ち葉

街路樹があるところではたくさんの落ち葉たちがひしめき合っている。風に吹かれて舞ながらも未来の命へとつながることを祈ってるのかな。...

葉っぱのフレディ

葉っぱのフレディ-命の旅もうとても有名なお話しなので、今更という感じもあるのですが、「葉っぱのフレディ」という絵本をご存じでしょうか。落ち葉の季節になると、私は、この「葉っぱのフレディ」というお話しをときおり思い出しています。春に生まれた葉っぱのフレディが、自分という存在に気づき、成長し、「葉っぱに生まれてよかったな」と思い、「葉っぱの仕事」を終えて冬に土へとかえっていくまでの物語。死を怖がるフレ...

新百合のおばあちゃん

新百合の駅の近くには、こぢんまりとした繁華街がある。そこのデパートを歩いているととてもおしゃれなおばあちゃんに出くわした。オレンジ系で全体をまとめて、可愛らしい帽子をかぶり小ぶりのコロコロと転がるカバンを持って生き生きと歩いていた。そのおばあちゃんを、ひとめ見て思ったのがかわいい♪若いときは外見よりも中身を充実させることに時間とお金を費やすべき、とちょっと古いかもしれない考えをもっている私だけどお...