Archive

2009年02月 1/1

2月の満月の瞑想会のお知らせ

2月の満月は、2月9日の23時49分に、太陽がみずがめ座、月がしし座で起こります。みずがめ座と共鳴するヴァイオレットは、虹の最後の色で、光の波動はもっとも高度です。そして、宇宙へと拡大していく色ともいわれています。これまでの固定概念を解放して、生きてきた知恵と叡智を次につなげる働きも、ヴァイオレットにはあります。しし座と共鳴するイエローは、太陽の光を表し、心からの喜びを表すと同時に、個人の意志も表します...

  •  0
  •  0

チャイルドレスキューの癒し

今日は、別の友人が体験した、B20番の『チャイルドレスキュー』とか『スターチャイルド』と呼ばれているブルー/ピンクのボトルのお話を書きたいと思います。このボトルは、チャイルドレスキューと呼ばれているだけあって、いろんな意味で子供をサポートしてくれるようです。でも、効果はそれだけではなく、インナーチャイルドと呼ばれる私たちの子供時代のことまで、サポートしてくるんです。その男性の友人は、親切で仕事もできて...

  •  0
  •  0

2月の新月の瞑想会のお知らせ

2月25日の水曜日に新月の瞑想会を開きます。この日は、太陽と月がうお座のときに新月が起こります。うお座は12サインのラストの星座です。おひつじ座から始まって、おうし座、ふたご座と、ひとつひとつのサインの課題により、いろんな気づきや学びを通して、魂を成長させながら、うお座と、そしてうお座に共鳴するマゼンタへとたどり着きました。うお座の時は、この12サインの意識の旅の中で解決できなかった歪みを、自分の身を投...

  •  0
  •  0

みずがめ座の時代

今は、うお座の時代からみずがめ座の時代へと移行している時期といわれています。うお座の時代の象徴は、君主制。そして、それがみずがめ座の時代になるにつれ、それは民主制へと移行していきます。精神世界や宗教の世界の観点からいうと、うお座の時代は、イエス・キリストに象徴されるように、国のレベルでは、法王を通して、宗教団体などでは強いカリスマ性のあるひとりの教祖がいて、その人物を通して、その他の人は神とつなが...

  •  0
  •  0