虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

旅立ち

曼珠沙華が咲き誇るこの季節、突然のことですが、せーりー君が旅立ちました。せーりー君は、子供の時から主張がハッキリしていて、その主張を、いろんな方法を使って伝えてこようとするので、ずっと、ネコというよりも、口のきけない人間の子供という印象の子でした。今年は、せーりー君が生まれてから12年目。せーりー君と過ごしたこの12年は、本当に楽しかった。本当に、ありがとう。たぶん、きっと、また近いうちに、どこかで逢...

せーりー君のこと

皆さまから、心のこもった励ましのコメントやメールの数々を頂き、本当にありがとうございました。本来なら、ひとつひとつにお返事を書くべきなのですが、今回に限っては、大変失礼とは思いますが、こちらから、お礼をさせていただきたいと思います。おかげさまで、私だけでなく、せーりー君や家族にとっても本当に、大きな強さと優しさと愛を、たくさん頂くことができました。本当に、ありがとうございました。それから、今、こう...

せーリー物語 その1 『出逢い』

せーりー君が旅立ってから、およそ20日が経ちました。その時間は、短くも感じ、長くも感じ、振り返ってみても、少し複雑で、ひと言ではいい表すのは難しいかもしれません。実は、せーりー君とのつき合いは、せーりー君と出会うずっと前から始まっていました。そんな、少しおかしなことを、物語風に何回かに分けて、気ままに書いていきたいと思います。気が向きましたら、おつき合いください。せーりー君と出会ったのは、今から12年...

せーリー物語 その2 『本当の再会』

とうとつな書き出しになってしまうのですが。。。せーりー君がやってくる半年ほど前、ひとりの友人が自殺をしました。私より、5つか6つくらい年下の、その女性と最後に会ったのは、自殺をする1年半ほど前のことでした。仮にその人の名前を「亜由美」としておきます。亜由美と一緒に仕事をしていた頃は、上司と部下という関係のときもありました。彼女は、頼んだことは、いつでも明るい返事で答えてくれるだけでなく、どんなことも...

セーリー物語 その3 『白いネコのお話 前編』

今日は、せーりー君が子供のときに、数ヶ月だけ一緒に暮らした、ペルシャネコの女の子のお話をしたいと思います。せーりー君が家族として一緒に暮らすようになってから、しばらくは、せーりー君は、完全家ネコの一人っ子として生活していました。うちに来たときは、まだ、生後40日も経っていなくて、後になると信じられないことのようなのですが、せーりー君は、私の手のひらにすっぽり入ってしまう大きさでした。(大きくなってか...

セーリー物語 その4 『白いネコのお話 中編』

家に着くと、いつものようにせーりー君は、大歓迎のお出迎えをしてくれました。いつもと違うのは、私が持っていたキャリーバックのフタを開け、せーりー君に見せたことです。好奇心旺盛なせーりー君は、すぐに中を覗き込みました。すると、そこには、少し不機嫌な顔をした、真っ白な長毛の子猫の女の子がいます。少し、驚いた顔をしたせーりー君でしたが、すぐにお友達になろうと、ちょっかいを出し始めました。でも、そんなに、す...

セーリー物語 その5 『白いネコのお話 後編』

その夢の中では、サリーちゃんは人間で、比丘尼でした。国はどこかはわかりませんでしたが、比丘尼の格好をしているわけですから、アジア圏内であることには間違いありません。少し様子を見ていると、どうやら位の高い比丘尼のようです。しかし、ある時、比丘尼としての戒律を破り、ある男性と恋をしてしまったのでした。そして、その戒律を破ってまで行ってしまった恋の結果によって、人間からネコに姿を変えてしまったというよう...