Archive

2012年06月 1/1

変容と気づきのためのツール

今はだいぶ良くなっているのですが、金環日食とヴィーナストランジットが終わってからというもの、喘息のように咳き込むことが多くなってました。これもやっぱり浄化なのかな。周辺でも、なんだか慌ただしくも思えるような動きがあったりと、なにかの変化の予兆のような雰囲気を感じることも多かったり。でも、そんな状態の中で、自分の内側でもそうだし、周辺の動きでもそうなのですが、私自身、今までだったら、それは汚れだから...

  •  0
  •  -

夢見と引き寄せの法則

最近、マグワートというアロマの精油を焚きながら眠りにつくことを、時々しています。マグワートとは、日本語では、オウシュウヨモギと言われるヨモギの種類のひとつなんだとか。ヨモギって、まるで雑草のように、どこにでも生えているものですが、でも、なんとなく、美味しそうで、体にも良さそうな気がします。そして、とくに、このオウシュウヨモギは、その薬効効果の高さと、不思議な力を持つために、雑草ではなく、ハーブと分...

  •  0
  •  -

ガラスの森美術館

先日、うちの近所にある『箱根ガラスの森美術館』に行ってきました。ガラスの森美術館から、箱根の町民の方たちへとペアのご招待券をいただいたので、そのご好意に甘えて、夫と出かけてきたのでした。といっても、箱根に引っ越してきたばかりのときにも、その時は実費で行っているので(笑)、今回で二度目の訪問となります。現在は、ヴェネチアンガラスを展示しているので、前回に行ったときとは、ビーズ展のところで一部、内容が...

  •  2
  •  -

大地のささやき

この写真は、ススキの高原です。秋になれば、この緑のほとんどは、黄金色のススキへと変容します。そうして、次に冬を迎えると、ここは真っ白な一面の雪景色。そして、雪が溶けた頃の3月になると、今度は、丈夫なすすきを成長させるために、この高原で野焼きが行われることに。そして、その後の何日かは、真っ黒に焼けた、荒涼とした高原の姿を見せつけます。しかし、そんな悲惨にも見える姿であっても、それは次第に、人が何もし...

  •  0
  •  -