Archive

2015年04月 1/1

平家の落人、隠里

先月、父が肉体を離れ、旅立ちました。生まれた時から、私の一番の理解者になろうといつも努力をしてくれて、そして、私が困ったときには、必ず助け船を出してくれていたそんな父が目の前からいなくなるということは、これまでに自分で想像していたよりも、大きな喪失感を感じています。そんな父の葬儀の時、動かなくなった父の姿をジッと見つめていると、遠い昔にも、同じことがあったことを思い出すということがありました。さす...

  •  0
  •  -