占星学のお天気予報

占星学の中には、「春分図」や「新月図」、
および「日食図」などのチャートを作成して
地球的な現象をみる「マンデン占星学」というものがあります。

詳しい説明は、たいへんなのでここでは行いませんが
その中で、その一年のだいたいの気候をみるのに
「春分図」を使う方法があります。

「春分図」のチャートの中でアセンダントといわれる位置に
どの星座が来るかで、だいたいの一年のお天気を予測するのですが
今年の「春分図」のアセンダントは蠍座の星座宮が来ていました。

ついでに6月21日から約三ヶ月の現象をみる
「夏至図」のアセンダントにも蠍座が来ていました。

蠍座は「水」の星座宮のひとつのため、
今年の夏は雨が多くなりそうな予感です。

9月23日から三ヶ月の現象をみる「秋分図」のアセンダントは
天秤座ですが、12月21日から三ヶ月の現象をみる
「冬至図」のアセンダントは、またもや蠍座。

今年の夏は雨が多く振って
冬には雪がたくさん降るという予測がなりたつようです。

「秋分図」の天秤座は風の星座宮のひとつなので
秋は台風が多く上陸するのかなぁ。
風でもそよ風だったらいいんだけど。

とりあえず夏の雨は
ある意味、涼しくていいのかもしれませんが
あまり降りすぎませんように…。

追記:
ここで取り上げた春分図を始めとする、四季図は
東京を起点としてみているので
このお天気予報は東京から半径約500キロくらいを
めどにしています。

b0037498_10533188.jpg

関連記事

Comments 5

venus_transit  

涼しげな色の紫陽花ですね
占星術で長期のお天気予報もできるのですね
水・水・風・水ですか・・・去年を思い出したりしますねぇ

2005/12/17 (Sat) 11:19 | EDIT | REPLY |   

dalai_kuma  

なるほど!と思わず納得しちゃいました。
沖縄は先週、梅雨明けしましたが、それまではとてもひどい雨でした。
東京の方ではあまり報道されていませんでしたが、那覇の6月の降水量は1000ミリを越え、130年ぶりに記録を更新しました。今年の梅雨前線はそれぐらいすごくて、それが今本島で暴れているのです。
沖縄がこれぐらいひどいのだから、きっと本島も大雨になるだろうと予想していましたが、今、その通りになっているようですね。

2005/12/17 (Sat) 11:20 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>venus_transit
快晴の日に撮った紫陽花なんですけど、紫陽花ってけっこう
日の光も似合いますね♪
占星術でのこのお天気予報は、予報といっても、あまりにも
大雑把ですけどね。(^^ゞ
このお天気予報だけでは、必ずしも災害とは結びつかないはずなんですけど
去年のトラウマで、ついつい降りすぎないように
なんて考えてしまいます。^_^;

>クマたん
アセンダントに来ているのが、水の星座の中でも、もっとも激しいイメージのある
蠍座なので、降るときは集中的に降っちゃうのかな、なんて考えてました。
水不足は、ほんとに困ったものですけど、降り過ぎも困ってしまいます。
いつもより雨が多いな、程度に終わってくれたらいいですよね。

2005/12/17 (Sat) 11:20 | EDIT | REPLY |   

sorairobook  

こういう方法で知ることもできるんですね。
占星術って奥が深いです。
雨といえば、なかなか降らなかったり、ものすごい勢いで降ったり。
何だかへんてこなお天気が続いていますね。
今は、おそい梅雨がやって来た感じで。。。
夏も、ほどほどに降ってくれると虹とか見れそうですね♪
紫陽花とバックのきらきらな感じがとても癒されます。。。

2005/12/17 (Sat) 11:20 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

占星術はアメリカの方では学問としていろいろ研究されているそうで
英語が読めれば、もっといろんな方法が知ることができるのになって
英語が全くダメな私はちょっと悔しいです。

夏の暑い日は夕立がうれしいですよね♪
紫陽花は、こちらではまだまだ元気に咲いているようです。

2005/12/17 (Sat) 11:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply