虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

プロに学ぶ、褒めちぎりのしつけ方

b0037498_1033210.jpg

うちのせーリー君は、爪とぎは決められた爪とぎでしかしないし
テーブルの上など、ここは上がっちゃだめって言えば
ちゃんと言うことを聞く、とてもいい子ちゃんです。

そう、ただ一点を除けば…。

その一点とは、せーリー君は○んちの後や
お尻がむずむずしたときなど、お尻を地面にすりつけて拭く癖があるのです。
それはそれでかまわないのですが、場所を選んでくれないのです。
飼い主としては、段ボールをあちこちにおいて
ここで拭いてよと提示しているのですが
その段ボールも利用はしてくれるものの
ある時は畳の上や、ひどいときには人のお布団の上とかにも…。

ただ拭いてるだけならいいんだけど
○んちの後などは、そこに茶色い模様と香りを残してくれるわけです。

で、そういうときは、「もう、だめ!」と叱って
大げさに掃除をはじめるわけですけど
いっこうに直る気配がありません。

そんなとき、テレビでブタちゃんに芸をさせて、
それを観客に見せて商売にしている人が出ていました。
その様子を見ていると、普段は普通に話をしている人が
ブタちゃんが、ちゃんと芸ができたとたんに
ブタちゃんに駆け寄り腹這いになって、ブタちゃんと同じ視線で
「ええこやな~~~~」
と、ほとんど叫ぶように言いながら、ブタちゃんを、なでくり回していました。
そのときのブタちゃんの、ちょっと誇らしげな顔。
見ていて微笑ましかったです。

それから数日して、せーリー君が、きちんとこちらで用意した
段ボールの上で、お尻を拭いているのを発見しました。
そこで、私もやってみました。
せーリー君に駆け寄って
「ええこやな~~~~~」と、なでくり回したわけです。
側でみていたダンナも、すぐさま仲間入りして
二人でなで回し、褒めちぎってみました。

そのときのせーリー君は、何が起こったのか理解できないような顔をして
ただ唖然としているように見えたのですが
それからしばらくは、せーリー君が、ちゃんと段ボールで
お尻を拭いているのを見つけたときは
こちらがなにをやっていても、めんどくさがらずに駆け寄って
なでくりまわしの、褒めちぎりをやってました。

すると、あれほど、どこででもやっていたお尻ふきが
段ボールの上でしかやらなくなったのです。
もう、いままで何年も悩んでいたのが嘘のよう。

いままでは単に褒め方が足りなかったんですね。
相手にわかるように、全身で褒めてあげれば
ちゃんと、やればできる子に変身してくれました。
いままでの、自分の愛情の薄さに反省した出来事でした♪

関連記事

0 Comments

Add your comment