虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

古代エジプト展

b0037498_13174425.jpg

上野の東京美術館で行われている
古代エジプト展に行ってきました。

行ってみると思った以上に人が多くて
私のように密かに古代エジプトにあこがれ、思いを寄せている人って
けっこう多いのかなと感心させられたりもしました。

ただ、人が多いだけに、列を作って
展示品を鑑賞しなければいけなかったので
自分のペースで見ることができなかったのは残念でしたけども
こればっかりは仕方がありません。

また、いくら考古学の研究のためという名目があっても
人のお墓から勝手に持ってきたものを、
こんな風に見せ物的にやられたら
もしも、私自身がそのお墓の主だったら
気分が悪いだろうなという思いがありながらも
やはり、古代のエジプトの人たちの生活に
こうして触れる機会を持てたことはうれしかったりもしました。
(お墓の主さま、ほんとうにごめんなさい)

たくさんの展示品を見ていると
古代エジプトの人たちの生活の中には
とても自然な形で神々が存在していることが伝わってきて
それだけに庶民と言われている人たちの中にさえも
優しい波動を感じることができて気持ちがよかったです。

その中でも、もっとも強烈なエネルギーを感じたのは
「ジェドホルの石棺の蓋」でした。

それは、紀元前4世紀頃の末期王朝時代のものということで
一方の面には、天空の女神ヌトの姿が描かれ
もう一方の面にはエジプト文字がびっちり彫り込まれていました。

末期王朝時代でも、これだけの力強いエネルギーを
6000年たった今でも発し続けている、この棺の蓋を目の当たりにしてみると
古代エジプトの人たちの死後の世界に対する思いというものは
相当なものだったんだなと感じました。

それは、その展示会の他のところでの解説にあった
「古代エジプト人たちの生に対するすさまじいほどの執着から云々…」
というようなものでは決してなく
やはり古代エジプトの人たちは、死後の世界の何かを
ハッキリと感じ、ハッキリと見ることができていたのだろうと
そんな風に思いました。

実際のエジプトには一度も行ったことがない私にとっては
この古代エジプト展はとても充実したものに感じましたが
それだけに逆に、実際のピラミッドを自分の五感で感じたいと
そんな思いがこみ上げてきてしまって、ちょっと困ってしまっています。
(だって、ネコがいるから出かけられないのですよ)

b0037498_1230088.jpg

関連記事

0 Comments

Add your comment