虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

裏の雑草が実をつけました

8月11日の今日の風の香りの記事の中で
咲いていた白い花が、こんな風な実をつけました。

b0037498_12374113.jpg

名前もクサギ(臭木)という名前だということが
分かりました。
いい香りがしていたのは花の部分で
枝や葉を切ると、独特のいやな臭いを発するらしくて
こんな名前がついたようです。

うちの場合は
川を挟んで向こう側に咲いていたから
いい匂いだけを堪能することができたようです。

薬効もあり、茹で汁にはクレロデントリンが含まれていて、
血圧を安定させたり、鎮痛作用があるとか。
リウマチ、下痢にも効き、
痔、腫れ物には茹で汁で患部を洗うとよいそうです。

このクサギの若芽で作るみそ汁や佃煮のレシピを
載せているサイトさんもみつけて
食べることができるものなのだということを再発見。

川を渡って採取することができるなら
来年は、ちょっと食べてみたいかなと
よからぬ欲望が、ちらっと顔を覗かせているのですが
さて、どうするかなぁ。



>>寺町ともまさのネットワーク
こちらのサイト様の
「クサギ」のページにみそ汁や佃煮のレシピがあります。
メモとしてリンク貼らせて頂きます。m(__)m
関連記事

0 Comments

Add your comment