オーラソーマとアストラルの概念

06032501.jpg

オーラソーマに深く関われば関わるほど
私の場合は、なぜかインドやチベットの仏教やヨーガに
郷愁というか、想いというか
そんなものが強く出てくるのでした。

それは、自分の部屋の棚に
無造作に並べたバランスボトルを見ていると
チベットの寺院の壁画に描かれた
原色で彩られた曼陀羅を
そして、その神々たちを
リアルに思い起こしてしまうという具合にです。

確かに、私がオーラソーマに強い関心を持った理由は
ヨーガの瞑想で行っていたときに体験した出来事が
オーラソーマのボトルを体に塗っているだけで
同じ体験をすることができたという驚きからでした。

でも、オーラソーマの背景にあるのは
カバラであり、ユダヤ教なのでは?
と思って、少し不思議な違和感を感じていました。

でも、マイク・ブースの書いたこの本を
まだ少しだけしか読んでいませんが
それによって、
ちょっと、その理由がわかった気がしました。


オーラソーマヒーリング
イレーネ・デリコフ&マイク・ブース著



マイク・ブースは、オーラソーマを始めに作った
ヴィッキーさんの後継者で
いま現在、オーラソーマのボトルを作り続けている人です。

この本によると、色によるセラピーは
世界で一番古いセラピーであり
現代のインドでも今なお続けられているものであり
バビロン、ペルシア、チベットでは
今日までその方法が存続しているのだそうです。

そして、ヴィッキーが透視力によって
人を「虹」として知覚していたことが
古代インドから伝わってきたチャクラの概念と
一致していたのだそうです。

そして、さらに驚いたのは
アストラルボディに対する概念が
私が今までにヨーガなどで教わってきた概念と
見事に一致していたことでした。

今まで読んだオーラソーマの本では
アストラル体というのは
私たちの身体の表面から約30~40センチ離れた領域にあり
それをクイントエッセンスが浄化するというものでした。

でも、マイクの書いたこの本には
アストラル体というのは、それだけでなく
他の身体から独立して存在できるものであり
それはアストラル世界で活動する身体であるということでした。

アストラル世界というのがどういう世界かという説明は
ここでは長くなるので省略しますが
その内容も私が今までヨーガで教わったものと一致していて
思わず驚きと喜びを感じてしまいました。

ちなみに、アストラル世界というのは
ヨーガで使われている言葉で、
原始仏教でいう色界と同じものと考える説もあります。

けっきょく、オーラソーマもヨーガや原始仏教も
同じものを見ているんだなと
そんなことを、この本を読みながら感じました。

さらには、私の知らない、いろんな神秘学も
一見したアプローチの仕方は変わっても
同じものを目指しているんだろうなと感じました。

古代から古い魂たちは
至るところに、いろんなエッセンスを
いろんな形で残してくれているのですね。
関連記事

Comments 13

優祈 るな  

色は言葉(言霊)の体現だっていいますものね。
私も、世界で一番の美術は、インド・チベットの美術だと思いますよ。

2006/03/26 (Sun) 01:51 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>優祈 るなさん
インドやチベットの曼陀羅は
誰が描いたのかなんて名前も残ってなくて、
それだけに、描いている人たちは
自分の名声のためとかいうのではなく
純粋に神々を地上に体現したいという気持ちだけで
エネルギーを降り注いでいるんですよね。
純粋なものって、何か特別なものも
一緒に残してくれるような気がします。

2006/03/26 (Sun) 16:36 | EDIT | REPLY |   

bashir  

はじめまして!
とても興味深い内容でした、僕もインド、チベットとは過去生からの深い繋がりを感じます。
「虹の身体」、、、ナムカイ、ノルブ、リンポチェ著を思い出しました。
アストラルボディーについては自分の体験から今一番関心があります。
僕はインドには僕の瞑想の先生の関係でよくいくんですよ、昨年も4ヶ月位行っていました。
道は違うかもしれませんが求めるものは一つ、、、、、、、、、
暇な時に僕のブログにも遊びに来てくださいね!コメント待っています。

2006/03/26 (Sun) 22:20 | EDIT | REPLY |   

Lyrica  

はじめまして。とっても素敵なブログですね!
もしよろしかったらリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

2006/03/27 (Mon) 18:36 | EDIT | REPLY |   

bashir  

もちろん使って下さい!
僕もリンクさせてもらってよろしいですか?

2006/03/27 (Mon) 22:15 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>bashirさん、はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
bashirさんもインドやチベットに関心がおありなのですね。
インドやチベットに縁が深いと感じる人に会うと
何故か初めてあったのではないような気がすることが
たびたびあったりします。
そう感じるときは、相手も同じように感じているときが多くて
ほんとうに不思議な巡り合わせのようなものって
あったりするんだなと思います。

今、ちょっとバタバタしているので
落ちついたらbashirさんのブログの方にも
遊びに行かせてくださいね♪

リンクの方は、ありがとうございます。
私の方からもリンクさせていただきました。
これからも、よろしくお願いします♪

2006/03/28 (Tue) 12:47 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>Lyricaさん、はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます♪
リンクの方は、もちろんOKです。
私の方からもリンクさせていただきました。
これからも、よろしくお願いします♪

2006/03/28 (Tue) 12:48 | EDIT | REPLY |   

Lyrica  

こんばんは!リンクの件、ご了承いただけて嬉しいです!
ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

2006/03/28 (Tue) 21:22 | EDIT | REPLY |   

ふう  

お久しぶりです(*'-'*)
ブログペットなど色んな変化があって、ほうほうと感動しながら
見ています♪

本当に住む世界や環境はちがっていても、
みているずっとずっと先には同じものがあるのかもしれません。
入り口がちがうだけなのだと感じています♪

2006/03/28 (Tue) 21:43 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>Lyricaさん、おはようございます♪
こちらこそ、よろしくお願いします♪

2006/03/29 (Wed) 10:03 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ふうさん、お久しぶりです♪
ほんとにお忙しそうですね。
無理をせず、がんばってくださいね♪

ブログペットの背景にある月は
実際の月と同じように満ち欠けをするんですよ~♪
夕べは新月だったので、まだ真っ暗ですけど
満月になったら明るくなるのかと、今から楽しみです♪

ヴィッキーさんの本でも、ヴィッキーさんは
道は違うけど、求めているものは同じなのだと書いてましたよね。
もっと拡大解釈をすると
そういったスピリチュアルなことが嫌いな人でも
本当に深い意識では、
同じものを求めているんじゃないかなと
そんな風に思うこともあります。^^

2006/03/29 (Wed) 10:08 | EDIT | REPLY |   

あいあい  

オーラソーマの勉強始められてたんですね。素敵です。
(ずっと読んでいましたが、なかなかコメント残せませんでした)。

最近、色々考えたり判断しなくちゃいけないことが一度にやってきて、ちょっと疲れたとき、ネットのオーラソーマでもヒーリング効果を感じました。実物のボトルでも是非体験してみたいですが、、どこで体験したらいいのか分かりません。心当たりのヒーラーの方は遠方なので、なかなかいけず。。。機が熟せばめぐり合えるかなぁ。

会社の保健師の方と「オーラソーマ部屋」を作ろうと密かに妄想して楽しんでます。けっこう人気になると思うんですよねぇ。こういう会社こそ、求めてる人多いはず!

2006/03/29 (Wed) 11:03 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>あいちゃん
ボトルの実物を見るだけでいいんだったら
いつでもうちに来てくださいな♪
セッションは、実はあいちゃんを
勝手に私の練習台リストに入れていたので
もしよかったら、受けてみてくださいね。
でも、あくまでも練習台なので
絶対に期待をしてはいけません!!(笑)

会社にオーラソーマ部屋を作るなんてステキですね。
そんなことが企画できてしまうあいちゃんがすごい!!
そんな話も今度ゆっくり聞かせてくださいね♪

2006/03/30 (Thu) 10:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply