レッドという色

06041802.jpg

レッドという色からは
おそらくは誰もが
情熱とエネルギーを感じるのでは、
と思います。

そんなレッドのポマンダーを
朝、起きたときと
出かける前というように
昨日は何度も使いすぎてしまったせいか
出かけた先では
イライラ、イライラ…。

レッドの激しいエネルギーに
呑み込まれ
振りまわされてしまったようです。

そんなわけで今日は
そんなレッドのエネルギーを
気持ちだけでも使いこなしてやろうと
フォーカスがかかるフィルターをつけて
赤い花を撮影してみたり。。。

少しはレッドの優しさを
表現することができたかしら。。。

ま、レッドそのものというよりも
マゼンタっぽい色味ですけどもね。
チベット仏教の僧の衣は赤が基調とされています。
これはアミターバ(阿弥陀如来)を
象徴とする色なのだそうです。

そして、アミターバは
すべての魂に対する心からの慈しみの象徴であり
その愛と慈しみを支える智慧にあふれていると
いわれています。

オーラソーマでも
レッドに光が入った色であるピンクは
「無条件の愛」の色。

レッドに振りまわされてしまうのではなく
光り輝くレッドを
いつの日か持てたらいいなと思います。

まだまだ先は長そう、ですけどもね。
関連記事

Comments 6

soraくん  

珍しく好戦的で、ほんとびっくりでしたw
これでは私のほうはレッド禁止にされるかもしれませんね。

で、アミターバですけど、こういう話、大好きです。
「南無阿弥陀仏」のお経でおなじみなので、
日本人なら誰でも知ってる仏さまですね。
このお経は、正確には「ナマ(ナマス)・アミターバ」で、
「阿弥陀如来さま、信じ、従います(帰依します)」
という意味になります。
誰でもなんとなくふざけて
「なんまいだぶ」と口にすることがありますけど、
こういう意味を知っておくことも大事じゃないかと思って、
勝手に補足のコメントを入れました。w

2006/04/19 (Wed) 08:19 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>soraくん
最近、ちょっと好戦的になりすぎですね。
やや、反省。(^_^;ゞ
こんなときこそ、ひと呼吸おく
心の余裕を持ちたいですねぇ。

補足、どうもありがとです♪

2006/04/20 (Thu) 09:51 | EDIT | REPLY |   

ふう  

わたしはディープレッドをよく使います。
朝とか、疲れたときに使うと、
エネルギーのバランスが取れて楽な感じがします。
夜だと眠れなくなったりしますけど。。。(^。^;)
最近使っているボトルもレッド入りで、かーっとなるかと思ったら、
解放している感じがあって、とても気持ちいいです。
溜まりにたまっているときは、どーんって解放されることも
あるので、レッドを使うときは少しドキドキしますね。
レッドは、エネルギーをうまく使いたいときによいそうです。

2006/04/20 (Thu) 22:35 | EDIT | REPLY |   

MISA  

緋彌華さん、こんにちは。

緋彌華さんのところは、もうつつじが咲いているのですね。
この写真、つつじが光を受け取っているように見えます。
でも、光がやさしい~感じなので、愛情を受け取っているようにも見えます (^^)

2006/04/21 (Fri) 01:51 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ふうさん
私の場合、レッドよりディープレッドの方が使いやすいと感じました。
なぜかレッドだとイライラするのに、
ディープレッドを使ったときはそんなことがないのですよ。
ディープレッドの方がレッドより強烈だと聞いていただけに
不思議なんですが…。
レッドを使いこなせるようになったら
エネルギーのコントロールも上手になっていそうですね。
早く、そうなりたいです♪

2006/04/22 (Sat) 23:34 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>MISAさん、こんにちは♪
こちらの方は、道の脇がどこもつつじでいっぱいで
とってもきれいです♪

レッドでも攻撃性だけでなく
光や愛情を受け取るというエネルギーに変えることができれば
どんなに強いエネルギーの中でも
やさし~くなれるのかもしれないですねぇ。
そんな風になれるように努力していきたいです♪

2006/04/22 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply