虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

天使の住所 その7

05111016.jpg

今までのお話です↓
天使の住所天使の住所その2天使の住所その3
天使の住所その4天使の住所その5天使の住所その6

第四天界である兜率天は
四無量心を実践している菩薩方が
未来において仏や如来となって
衆生を救うために修行している天界だと言われています。

現在では弥勒菩薩(梵語ではマイトレーヤ)が住んでられて
お釈迦様が入滅してから56億7千万年後に
この地球上に如来となって現れると言われています。

その他には、お釈迦様の在家での一番弟子であった
アナータピンディカ長者も
この兜率天に転生して暮らしているということです。

他にもいろいろといらっしゃるとは思うのですけど
あまり詳しいことは知りません。

そして、兜率天の寿命は5億7千6百万年だということです。

これは、弥勒菩薩が地球上に如来となって降臨してくるよりも
はるかに寿命が短いのですけど
その間、弥勒菩薩は世界をあちこちと転生されてるのかなぁ
なんて思ったのですが、どうなんでしょうね。
もしそうなら、いつの日か、どこかの生で
すれ違うことでもできたらいいなぁなんて
そんなことを夢想してしまいます。

注意:
寿命にかんしては(も)、諸説があるので
参考程度にとどめておいてくださいね。

では、次回に続きます。
関連記事

4 Comments

ふう  

ひみかさんの知識にはいつも驚かされてしまいます。
聞いたことのある言葉が色々出てきたのですが、
これだけのつながりを覚えていられるのは、本当にすごいです。
写真もとてもきれい。。。♪

2006/06/13 (Tue) 15:29 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ふうさん
以前にヨガを教えてもらっていた人が
インドやチベットからサンスクリット語で書かれた仏典を探して
それを自分たちで翻訳するのが趣味だったので
そのおこぼれにあずかってる感じです。(^^ゞ
あと、それとは別に、私が個人的にヒマラヤとかに行ったときにも
インドやヒマラヤに住んでいる人たちは
お坊さんではない一般の人でも、そういう知識は普通に持っていて
そういう人たちから聞いた話もあるし
普通に出ている本の知識もミックスされてますが。。。
最近の広辞苑は、仏教用語がキチンと載っているので
そんな知識をまとめやすくて助かってます。
写真は今までのストックなのですが
褒めてもらえて嬉しいです♪

2006/06/13 (Tue) 17:04 | EDIT | REPLY |   

bashir  

Himikaさんへ
お久しぶりです。
とても美しい話ですね。
もしかしたら、今世紀、マイトレーヤとすれ違っているかもしれませんね!

2006/06/15 (Thu) 14:42 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>bashirさん、こんにちは。
すれ違っていたらいいですねぇ。
出会ったときに、あ、この人がそうだって
直感的に分かる純粋さがあったらいいなって思います。

2006/06/17 (Sat) 10:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment