虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

知識と直感

06120201.jpg

オーラソーマのコンサルテーションをやるときに、
本当に知識は必要なのか、ということを
ちょっと考えてみました。
もしかしたら、色から感じ取れる直感だけで
いいのではないのか、とか。。。

でも、私の場合で考えてみると、
直感だけに頼った場合、
自分の感じ取れるものって、限られているような気がするのです。
自分自身が感じられるものって、
やはり、私が今まで体験したもののなかから、
情報や感覚を拾ってきているような気がするのです。
それは広く見て、今生だけでなく前世のものを含めたとしても、
それから、自分の直接の体験だけではなく、
人から話を聞いて共感や共鳴したこと、
映画を観て、本を読んで、心に残ったこと、等々、
これらを全部含めても、やっぱり自分ひとりが体験したことって
限られているなぁと思うのです。 その体験を比較的簡単に広めてくれるものって、
やはり、知識のような気がします。
その知識は、最初は上っ面のものだけであったとしても、
それを深く掘り下げて考えたり、感じたりしていくうちに
本当の自分のものになっていくような気がします。

例えば、イエローという色が「知識」という意味もあるということなど、
今の私の感覚的なものだけからでは、
なかなか引っ張ってくることができなかったりしました。
私がイエローという色から感じ取れるものは
例えば、太陽、そこから明るさ、陽気さ、笑い、等々、
そして、その反対にある、恐怖、恐れ、等々、
そんな感じのものを受け取っても
そこから「知識」というキーワードまで
たどり着くのは難しかったりします。

でも、知識として、オーラソーマでは
イエローは第3チャクラの色ということを学ぶことができたとき、
第3チャクラはヨーガでもお腹に位置することから食欲を表し、
そして、同時に食欲だでではなく知識欲なども表しているということを
知っていると、イエローが「知識」を意味するということは
容易に理解できたりします。

それから、イエローが「個人の意志」ということも、
小乗仏教の国では、お坊さんが黄色の袈裟を着ていることを知っていると
容易に直感として出てきやすかったりもします。
だって、「小乗」というのは、個人として到達する最高のものを
目指している教えなのですから、「個人の意志」と結びつくのですね。
でも、こんなことも、最初はやはり知識として入ってきた情報が
元になっているのですよね。

そして、自分の中で足りない経験以上のものを
知識としてどんどん取り入れていったら、
今度はそれを、いつでも直感として引き出せる引き出しに入れること、
この作業が、今の私には必要だなって思います。
関連記事

4 Comments

NOVA  

涙のようでもあり、

ココロの中の核のようでもあり、

お守りのようでもあり、

ラッキーアイテムのようでもある、

透明でキラキラしている物体v-238

2006/12/16 (Sat) 12:21 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>NOVAさん、こんにちは♪
この物体の説明を書いた紙が、すぐに見あたらなくて
名前が今は分からないのですけど、これは病気のお友達が
お世話になった人たちにひとつずつ、ということで頂いたものです。
これは、太陽の光を吸収して、その光を拡散して、
いろんな色があちこちに出てくるんです。
そういうものなので、NOVAさんが感じられた言葉は
すべて当てはまってる、なんて思ってしまいましたよ。(^^)

2006/12/17 (Sun) 00:15 | EDIT | REPLY |   

ふう  

知識を深めるのって
楽しいから好きです♪
何かを知ることって、
自分の歩む必要のある道を
進むためのきっかけになったり
することもあると思いますし。。。

2006/12/21 (Thu) 21:56 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ふうさん
オーラソーマをやっている人の中には、覚える必要はない、
感じるものだけで充分、みたいなことを言っていた人がいたので、
知識というものについて、真剣に考えてみたりしてしまいました。(^^ゞ
やっぱり、感じることの根源にあるのは、今まで得た情報が
元になっている気がするし、一番必要なのは
やはり、知識と直感の「統合」なんですよね♪
という結論で、今は納得しています。(^^)

2006/12/23 (Sat) 12:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment