虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

色のメッセージを受け取って

07101201.jpg

気がつくと、前回の記事から一ヶ月以上が過ぎています。(汗)
その間、カメラの汚れがひどくて、写真にもシミが写りこむことが多かったので、
カメラを修理に出していました。
最初は自分でカメラを分解して掃除してみたのですが、
さらに事態を悪化させることになってしまったので、
カメラ屋さんに持っていって、掃除してもらったのです。
時間はかかったけど、やっぱり専門家にお願いすると違いますね。
カメラの掃除は、車の車検と同じで、
定期的に出してもらった方が良いですよと言われてしまいました。
自分でやるより、はるかに安心だし、
やっぱり、何でもかんでも自分でやろうとばかりしないで、
専門家にお願いできることはお願いした方がいいなと
改めて実感しました♪


ところで最近、ちょっとウツウツとすることが多くなっていたのに、
その原因が自分でもハッキリしなくなっている状態が続いていました。
なので、久しぶりにオーラソーマのコンサルを
自分で自分にやってみることにしました。
まずはボトルを4本選んで、
あとは頭を空っぽにして、ボトルのメッセージを受け取ります。
自分のことは自分が一番よく分かっているけれど、
こうでありたいとか、こうしたいという思いが強すぎると、
自分のことだけに、メッセージがストレートには伝わってきません。
なので、何も考えずに4本のボトルを眺めていると、
自分で自分を強く否定していることが伝わってきました。
何をそんなに否定しているのか、
最初はピンと来るものがありませんでした。
なので、今度は瞑想に入って、自分自身の深い部分を
みつめる作業に移りました。
すると、数ヶ月前の出来事で、自分自身を否定しなければならない決断を
しなければいけなかったことを思い出したのです。
その後は、とてもバタバタしてしまって、
自分自身を見つめ直す時間が持てなかったので
この時の心の働きをすっかり忘れてしまっていたようです。
そのために、知らず知らずのうちに
ウツウツとした気分が続いていたようでした。

考えてみれば、自分で自分を否定してしまったら、
心が沈んでしまうのは当たり前のことですよね。

そして、ここまで理解できたら、
この後は、その時の出来事を、もっとかみ砕いて分析して、
私は私を否定しなくても、事態を進めることができたということを
細かく考えていきました。
自分を否定しなければいけなかったのは、
この時の状態を、あまりにもおおざっぱに捉えてしまっていたからで、
緻密に物事を見つめていけば、そうする必要はなかったのだと
改めて理解することが出来たのです。
そんな思いに到達すると、それまでウツウツとして
いろんなことにやる気が出ない状態だったのが、
スーッと晴れて解消していくのが分かりました。

なんだか、ちょっと書き方が抽象的になってしまって
分かりにくいかもしれませんね。。。
ただ、オーラソーマの色のメッセージがなかったら、
ここまでの考えに自分一人では到達できなかったなと思います。
改めて色の言語って、自分自身もを客観的にも見せてくれる
優れものなんだと、つくづく実感した出来事でした。
関連記事

4 Comments

sato  

キレイに撮れてますね

お久しぶりです、お元気そうですね^^
私は、カメラを持っていませんので分かりませんが
写真家が使うようなカメラを持っているんですかね?

読んでて、ふとっ 思ったんですけど
カウンセラーなんかも目指していますか
緋彌華さんなら出来そうですよね。

2007/10/20 (Sat) 03:39 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん、お久しぶりです♪

カメラは、ニコンのデジカメ一眼レフ、D70を使っています。
プロが使うものよりは、ランクがかなり落ちるかなって
感じですけど、気に入って使っています。^^

特に意識してカウンセラーを目指しているわけではないのですが、
オーラソーマのコースのなかに
プロのカウンセラーの方で、ラハシャ博士という方から
カウンセリングのスキルを習うコースがあって、
その人のセミナーはとても楽しく受けることが出来ました。
なので、その影響もかなり受けているのかもしれないです。
元々、心理学の話は好きでしたしね。
コンサルも、場合によっては、こんな感じで進むときも
多かったりしています♪

2007/10/22 (Mon) 00:52 | EDIT | REPLY |   

sato  

カメラが良さそう~

一眼レフって聞いただけでいいカメラ使ってそうな
感じです、あれって自分でピント合わせするんですよね
写真を撮るのが楽しくなるのかなぁ。

カウンセリングの勉強してるんですね、やっぱりその
道もいつかは窮めるんですかね、カウンセリングは
出来た方がいいですよね、でも悩みがなければ必要は
ないなぁ~ 悩んでる人は沢山いるから受容は伸びます
よね、なんだか頭がこんがらがってきたぁ~

2007/10/24 (Wed) 02:20 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん

最近の一眼レフは、自分でもピントを合わせることも
出来ますが、設定で自動でもピントが合わせるようにも
出来ます。昔のようにシンプルなカメラではなくて
いろいろ機能がついているので、
いまだに使えない機能がたくさんあったりします。(^_^;ゞ

私が教えてもらったラハシャ博士のカウンセリングは
悩みの解決というだけでなくて、
自分の本質に向かっていくための、
カウンセリング自体が一つの瞑想のような印象でした。
西洋の人たちって、発想が自由で
いろんなことを生活のなかに取り込む能力が
高いんだなぁ、なんて感心してしまっています。(^^)

2007/10/26 (Fri) 01:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment