虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

オーラソーマアストロロジー

07102002.jpg

今までに、西洋占星術も少しは勉強してきていたし、
オーラソーマも勉強してきていたのですが、
この二つを、具体的に融合していく方法というのは、
あまり考えていませんでした。
でも、それでは、ちょっともったいないんじゃないかと
友人に言われることが多かったので、
先日、ようやく重い腰を上げて、澤恵さんの
「オーラソーマアストロロジー」という本を購入して読んでみました。

すると、占星術で出したホロスコープの上に
オーラソーマのボトルを並べて、それらをリーディングする方法が、
かなり具体的に書いてあって、目から鱗の書物でした。

占星術だけだと、今がどんな状態で、これからどんなことが起こると
たとえ正確に分かったとしても、それをどのように
その人に役立てていくかということは、少し曖昧な気がしていました。

例えば極端な話、その人の死ぬ時期が分かったとして、
それが、その人自身に利益になるのかどうかということです。
(もっとも、正確な死ぬ時期を判断することは出来ないですけども。。。)

それが、もっと日常的なことを、占星術で説明を受けたとしても、
聞く側にとっては、それは頭だけで理解することしか出来ず、
それだけで、その人の持つカルマを超えるということは
なかなか難しいなと感じていました。
そして、頭だけの理解では、またしばらくすれば、
同じことを繰り返すということにも、なってしまいます。

でも、それにオーラソーマのヒーリングシステムを加えることで、
頭だけの理解から、心の深い部分にまでの
アプローチが出来る可能性を感じることが出来たのです。

こんなことなら、もっと早く、この本を読んでおけば良かった。(笑)

まだまだオーラソーマも占星術も中途半端なのですが、
しばらくは、この二つを合わせたリーディング方法を
練習してみようと思っています。


オーラソーマ アストロロジー オーラソーマ アストロロジー
澤 恵 (2005/04)
モデラート
この商品の詳細を見る



関連記事

6 Comments

sato  

どこまでわかる


色んなことが、わかるんですね。

死ぬ時期がわかったらどうしよ~
その時は、チベット死者の書を読もうかな
難しくて途中でお休みに入ってますが・・・
バルドーをさまよわなきゃいいんだけどね。

オーラソーマアストロロジー楽しみにしてます。
カルマを越えられたら嬉しいです。

2007/11/09 (Fri) 01:31 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん、こんにちは♪

死ぬ時期は分からないので、安心してください。(;^_^A

占星術は、過去に起こったことに関しては
これこれの星のこの配置が原因だったと
分析は出来るんですけど、未来のことに関しては
判断する要素が多すぎて、それを完全に分析できる人は
ほとんどいないんじゃないかなぁと思います。
もちろん、私も出来ません。(^_^;ゞ

ただ、星たちがこういう風に作用しているから
こんな注意をした方がいいよ、
というようなアドバイスだったら大丈夫なんですよね♪
それに、オーラソーマをミックスすることによって、
カルマのパターンを超えやすくなりそうな気がしています。
いろいろ試してみたいですね♪

チベット死者の書も、色と深い関係があって
とても興味深いですよね♪

2007/11/09 (Fri) 17:07 | EDIT | REPLY |   

HANAZOU☆  

はーーい!

是非!鑑定 おねがいしま~す(笑)

2007/11/09 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>HANAZOU☆さん♪

早速の予約、嬉しいです♪ オイ(笑)
ゆっくり練習しようと、また呑気に思ってたんだけど、
気合いを入れちゃおうかな。^^

2007/11/10 (Sat) 12:07 | EDIT | REPLY |   

すかいふわり  

オーラソーマは本当に奥が深いですよね。
緋彌華さんはもともと占星術師なので、
確かに使わないのはもったいないかも・・・。
私もできるなら鑑定して欲しいですv-10

2007/11/11 (Sun) 22:45 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>すかいふわりさん、こんにちは♪

オーラソーマも占星術も、本当に奥が深いです。
出来れば数秘術も勉強したいと思っていたのですが、
あんまりたくさんのことをやってしまうと
どれも中途半端になりそうで、
なかなか手が出ないですね。(;^_^A

オーラソーマアストロロジーがきちんと出来るようになって、
機会があったら、ぜひお越しくださいね♪

2007/11/13 (Tue) 00:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment