ヨガとオーラソーマのチャクラ

08011401.jpg

先日の記事にチャクラのことを少し書きましたが、
実は、私は、それぞれのチャクラに対応する色というものは、
オーラソーマを始めてから知ったのでした。

ヨガの中でも、チャクラのことに関しては、
それを話す人によって、
厳密には内容が違っていたりすることがあります。
それが、オーラソーマになってくると、
同じチャクラという言葉を使っていても、
ヨガで知ったチャクラと違う部分がけっこうあったりしました。

その一つとして、ヨガのチャクラは、形のある存在として
ピンポイントで存在していると捉えているのに対して、
オーラソーマのチャクラは
身体の色のエリアとして捉えている部分が大きいように思います。

具体的にどういうことかというと、
ヨガのチャクラは身体の中央部に、それぞれの形をなして
縦に並んで位置していると考えています。
(第1チャクラは、ちょっと後ろ気味ですが)
それに対してオーラソーマのチャクラは、
例えば第3チャクラなら
お腹周りをぐるりと全体が第3チャクラのエリア、
第4チャクラは、胸のまわりぐるりと全体が
第4チャクラのエリアと捉えることに重要性を持っているところに
大きな違いがあるように感じます。

最初は、この違いにとまどいを感じていたりもしたのですが、
ヨガとオーラソーマでは、チャクラの使い方が違うので、
(使い方というより、ケアの仕方と言った方がいいのかもしれませんが)
次第に、これでいいのだろうな、なんて考えるようになりました。

一つの形あるチャクラが、
それが存在している、その身体の周辺に
影響を与えているということなのですものね。

そんな感じですから、オーラソーマのチャクラは、
その色の存在というのは、当然のことながら大きかったりします。

でも、私は最初は、今までやってきたヨガの瞑想では、
そのチャクラがどこに存在し、どのように反応し、
それをどのように感じるかが大切だったので、
チャクラの色までは、ほとんど意識しないでいました。

それが、もう1年以上前になるのですが、
ある出来事がきっかけで、その色の重要性を理解することになったのです。

長くなったので、続きは、明日くらいにでも書くことにしますね。


ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事

Comments 3

sato  

NoTitle

チャクラといっても、色々と・・・
観念をもってはいけないみたいですね。

確かにチャクラの図には色が付いてるモノもありましたよね
色が重要だとは気づかなかったなぁ。

2008/01/15 (Tue) 00:53 | EDIT | REPLY |   

sato  

しまったぁ

タイトル忘れちゃった

編集出来ないやぁ。

2008/01/15 (Tue) 00:58 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん

チャクラって、もしかしたら思っている以上に
たくさんの働きがあって、
それを実感する仕方が人によって違うから
いろんな見方があるのかもしれないですね。

タイトルは気にしないでください。^^;
私は人のところに書き込むときは、NoTitleばっかりです。

2008/01/15 (Tue) 13:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply