本当の心の強さの元

08020404.jpg

チベット仏教の本などを読んでいると
時折、その修行の危険性などが
書かれているものを目にすることがあります。
その使い方を誤ると、精神的や肉体的に
あまり良くない異変が起こることがあるということなのです。

それは、おそらくはチベット仏教に限らず、
霊的覚醒に対して力の持つものには
ついて回る危険性なのかもしれません。

深い意識に無防備に入っていったときに
そこにうごめいている、いろいろな想念を見つめることが
準備が出来ていない人にとっては
必ずしもいい結果をもたらすとは言えないからだというのが
ひとつの理由ではないかと思います。

そういう話を聞くと、そういったことに対処ができる
本当の心の強さというのは
どんなものなのだろうかと、やはり考えてしまいます。

あくまでも私自身の考えですが
ひとつには、「謙虚さ」というものが、
心の強さの大きな要因になるような気がしてなりません。

自分自身を過大評価もせず、かといって過小評価もせず、
ありのままの自分を受け入れるには
自分の心を謙虚に見つめる姿勢は
とても大切で、必要な事のような気がします。

謙虚に、自分自身をありのままに見つめることができれば、
自分の心の汚れと対面したときにだって
素直にそれも自分なのだと受け入れて、
そして次に、それを手放すことができるような気もしてきます。

謙虚に物事を見つめることができる柔軟さ、
そんな心の強さを
私自身、培っていきたいな、なんて、
そんな風に思ってしまいます。


ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事
  • Comment:6
  • Trackback:0

Comments 6

アトランティス  

NoTitle

自分にも他人にも謙虚に。
そして、自分に対しても他人に対しても
受け入れる。

とても簡単そうで実はとても難しい。

今の自分にとても大切だと感じます。

2008/02/05 (Tue) 21:53 | EDIT | REPLY |   

sato  

本当にそう思う

心が乱れてるときこそ、
謙虚になれると発する言葉も変わります。
ここでありがとうって言ってればスムーズにいくのにって
思ってもなかなか言えない。
心の強さがあれば言えますね
そんな風にも思っちゃいました。
謙虚になるって大事ですよね。

2008/02/06 (Wed) 03:14 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>アトランティスさん、こんにちは♪

本当に謙虚になるって、
いっけん簡単そうで本当に難しいですよね。
私にとっても大きな課題のひとつです。

自分にもできたら、自分以外の人にも
できるようになってくるような気がします。^^

2008/02/06 (Wed) 14:14 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん、こんにちは♪

ありがとうとか、ごめんなさいの言葉、
心の底から言うのが難しいときってありますよね。
自分に対して謙虚になっていれば
言う必要のあるときには、
素直に出てくる言葉のような気もします。

どんなときでも、等身大の自分でいることができたら
本当にいいですよね。^^

2008/02/06 (Wed) 14:20 | EDIT | REPLY |   

えみりん☆  

NoTitle

人は色んな経験を経て自然と身につく謙虚さですかね。
もともと謙虚な方はいますが、大抵の人間はわがままであったり、傲慢であったりします。でも、周りから教えられたり、気付かされたり、ありがたいことです。謙虚な気持ちを常に持ち続けたいですね♪

2008/02/06 (Wed) 17:28 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>えみりん☆さん、こんにちは♪

本当にそうですよね。
人の世界に生きている意味は
やはり、人と人とが接する中で
いろんな気づきを周りから与えてもらえることですよね。
そういった気づきをたくさん受け取れるようになるためにも
どんなときでも謙虚な気持ちは持ち続けたいと思います♪

2008/02/07 (Thu) 12:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply