虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

いて座の月、ブルーの大いなる意思

05100261.jpg

月はさそり座から、いて座の月へと入ってきました。

いて座のテーマカラーはブルー。
ブルーはすべての色の、一番始まりの色とも言われています。

大いなる平和、大いなる意思、信頼と信仰、
慈愛と保護、等々のメッセージがブルーにはあります。

そして、いて座から連想するものは、
何事にも束縛されることのない自由な旅人。。。

いて座の月は、まるで自分の一部分のように
他者のことを喜んだり、悲しんだりしながら、
他者と融合し、ひとつになる傾向があると言われています。

そして、その他者との深い関係を経験し、
それをひとつひとつ超えながら、精神性を高めるための、
背後にある法則性を探し求めていきます。

いて座の月の旅は、遠い彼方への旅だけでなく、
身近な日常の中にある心の触れあいの中からも
見いだしていける旅なのかもしれませんね。

ブルーの大いなる意思と、いて座の高い精神性に
共鳴しやすいこの時期、どんなことにも
天からのエネルギーの流れを感じることができるような
意識の旅ができたらいいなと思います。

天からのエネルギー、
それは、内なる平和に繋がっていくのかもしれませんね。

このいて座の月は、1日いっぱい続きます。

追記:
いて座の月のボイドは3月2日の午前1時53分から
午前3時32分までで起こります。
今回は寝てる間の数時間なので、気にする必要は
あまりないかもしれませんね。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
ついでに、ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Add your comment