ボイドが与えてくれる幻影

08050806h.jpg

ボイドとは、月の働きを無効にする時間と言われ、
この時間帯には、一般的に
人の感覚が敏感になり、想像力が活発化すると言われています。

でも、それでいながら、この時間帯に決めたことや
行動を起こしたことは、当初の目論見から外れて
予想外の結果を招いてしまうことが多いともいわれています。
ボイド占星学 石川源晃著 より)

やはりそれは、その想像力が、地に足がついていないというか、
むしろ、想像ではなく、妄想の世界に
入ってしまっている可能性が強いのかもしれませんね。

私も先日、ボイドの時間帯に、初めて出会った人と、
数日後に、ボイドでない時間帯に再会したのですが、
その時に、わずか数日前に会ったときと
随分と印象が違うことに驚いた記憶がありました。

これも、ボイドの影響だったのでしょうか。。。

会うたびに印象が違う人というのも、希にいますが
そういう人は、こうした月の働きに
共鳴しやすい人なのかもしれませんね。

そして、もしかしたら、ボイドがプラスに働くときというのは、
それぞれの人に、いろんな夢を見せてくれる
時間帯と言えなくもないのかもしれません。

でも、それが地に足がついていないから、
ボイドが終わったときに、現実と直面して、
ガッカリする、なんてことになるのかも。。。

だったら、もしも、非現実的な恋愛をしたいと願うのなら、
ボイドの時間帯にだけ会うというのも
ひとつの手なのかもしれません。

その場合、決して結婚には発展できないだろうし、
お互いに真に成長し合える関係になれるかどうかなんて
果てしなく疑問ですけども。。。


次のボイドは6月13日の18時15分から
翌日の14日の午前5時52分まで、てんびん座で起こります。
非現実的なことばかりを口にしていると
ボイドが終わったときに信頼を損なう可能性があるので、
とくに毎日、会う人の前では、
妄想は、ほどほどにした方がいいかもしれません。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
ついでに、ポチッ、ポチッと応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

Comments 0

Leave a reply