利き脳

08061401.jpg

先日、テレビを観ていたら、携帯電話をどちらの耳に
当てて使っているかによって、利き腕ならぬ、
利き脳が判断できるのだとかいうことをやってました。

そこに出ていたほとんどの人が、右耳に携帯電話を
当てて使っているのだとか。
私の夫も、右耳で使っていることを発見。
で、私はというと、なぜか左耳に携帯を当てて使っていました。

これは、右耳に携帯電話を当てて、電話をしている人は
左脳タイプで、逆に、左耳に携帯電話を当てて使っている人は
右脳タイプなんだそうです。

左脳は、論理性、言語などを担当していて
右脳は、イメージや直感を担当しているので、
自分がどちらのタイプかは、これで、
いちおうの目安として判断できるらしいです。

でも、携帯電話を、どちらで使っているかなんて、
私の場合、こんなことでもなければ、
いままで意識したことがありませんでした。

それどころか、携帯のメールを打つときだって、
私は右利きのはずなのに、左手をメインに使っているのも、
今回、意識してみて初めて知りました。(汗)

たまに、こんな風に、自分が無意識でやっていることを
意識してみると、なんだか新たな発見を
したような気になるものですね。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
ついでに、ポチッ、ポチッと応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

すかいふわり  

面白いですね!私も左耳で電話しています。

でも私の場合、その理由は他にもあるかもしれません。

OL時代に電話を使うお仕事が多かったのですが、
メモを取りながら話すため、左手で電話をするように、自然となってしまった気がします。

・・・となると、働く前までは、どっちで電話していたのかが気になってきたのですが、
あまりに遠い過去で、思い出せないです。(笑)


2008/06/18 (Wed) 10:58 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>すかいふわりさん、こんにちは♪

すかいふわりさんも右利き脳なんですね♪

私も、左で電話しているのは、やっぱり右手が空くからだと思います。
長電話のときは、イヤホンを使っちゃうので両手が空いてますが、
短い電話のときも、右手でなにかをしていることが多いので、
だから自然に左手を使うようになったと、思い起こすとそんな感じです。

だから、これ、そんなに当てはまらないかもと思ったりもしたんですが、
でも、左を使うと右の脳が働くようになるという考え方もできるから、
これはこれで、目安になるかなと思ってます。^^

2008/06/18 (Wed) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply