虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

摩訶不思議な出来事からの気づき

08072010.jpg

前回の日記に摩訶不思議な出来事なんてものを
書いたのですが、そんなことから、昨日の朝くらいに
子供時代にあった、ある出来事を思い出しました。 皆さんは、ユリ・ゲラーという人をご存じでしょうか。
超能力でスプーン曲げというものを初めてやった人です。

歳がすっかりばれてしまいますが、
ユリ・ゲラーが初めて日本に来てスプーン曲げをテレビでやったとき、
私は小学生でした。
その特番では、スプーン曲げをやって見せてくれた後に、
テレビカメラを通して、ユリ・ゲラーがパワーを送るので、
視聴者の人もスプーン曲げをやってみてくれという
コーナーがあったのです。

小学生だった私は、急いで台所からスプーンを持ってきて
言われたとおりにスプーンをなでていたら、
少しずつスプーンが反ってきたのです。
嬉しくなって、少し後ろに反ったスプーンを父親に見せたところ、
父親には、「もともと、曲がってたんじゃないか?」
と言われてしまいました。

でも、そんなことではめげることがなかった子供時代の私は、
今度は、壊れた時計はないかと父に聞いてみました。
テレビの特集では、スプーンを曲げる以外にも
壊れた時計も直せると言っていたからです。
すると、物持ちの良い父は、タンスの奥から、2~3年前に壊れて、
修理に出しても動かなかったという時計を出してきて、
「直せるか?」とニヤニヤして聞いてきました。
そこで私が、その時計を握りしめて数秒ほどすると、
今度は、その時計がチクタクチクタクと動き出してきました。
またまた嬉しくなって、直った時計を父親に見せてみると、
「そういうことも、たまにはある。偶然や。」
と、言われてしまいました。

それでも、めげることのなかった子供時代の私は、
目の前にあった、自転車のカギを手にとって、
「これが曲がったら信じる?」
と父親に言いました。すると、父親は
「そうやな。」
と言ったので、今度は必死になって、自転車のカギを握りしめて
思念をはじめたのです。
すると、カギの端っこが微妙に曲がってきました。
それで、また嬉しくなって、それを父親に見せると、今度は、
「自転車のカギは大事や。壊すな。」
と言われてしまいました。

これらのことは全部、ユリ・ゲラーが思念を送っている間に
起こった出来事だったので、けっこう長い時間に渡って
思念を送り続けていたのかもしれません。

テレビでも、
「全国の子供たちから続々とスプーンが曲がった等の報告を受けております。」
と司会者の人が言っていました。
その時の私は、それが当たり前の事として受け取っていたのです。

次の日に学校に行ってみると、やはり、その話題で持ちきりです。
でも、話を聞いていると、スプーンが曲がったという子が、
クラスに、もう一人くらいいたような気がしますが、
ほとんどの子が曲がらなかったと聞いて、
私は逆にそちらの方が意外に思ってしまったことを覚えています。

そして、少し後になって、家で、後ろに反ったスプーンを使って
料理を食べてみると、そのスプーンが、なんだか使いにくくなっていて、
それが余計に居心地の悪さを感じることになってしまったのです。
そのため、それからは、また頑張ってなにかを曲げてみようなんて思うこともなく、
そんな出来事は、もうほとんど思い出すことはなくなっていました。

ただ、その時に、子供心に、
スプーンが曲がらなかった子と、私自身を比べて感じたことは、
私は、ユリ・ゲラーに対して、疑うという気持ちが微塵もなかったということでした。
テレビを観ていて、「あ、こうやってスプーンって曲げるんだ~♪♪」
なんて、純粋に考えてしまい、後で他の子に、
「だからおまえはアホなんや。」と言われてしまうぐらいでした。

その時、ユリ・ゲラーが教えてくれたことは、
できないということは、その人自身の心が作っている観念によって
できなくしているだけであって、
その観念を深い意識から取り払ってしまうことができれば、
できない事なんて、ない、ということでした。

もっとも、その時は子供だったので、こんな難しい言葉遣いで
考えたわけではないのですが、
今の言葉に要約すると、そんなことを感じたことは確かです。

でも、大人になるに従って、そんなに簡単になんでも信じ込んでいると、
周りから、頭が少し足りないんじゃないかと言われることも多々あったり、
逆に、私からみると、この人、嘘をついているのに、と思う人に対して、
他の人が盲信しているのを見ると、
今まで頭が足りないと言われたことが
痛切に身に染みてしまうなんてこともあって、
子供の時のように、なにかを純粋に信じ込むということが
なくなっていたように思います。

そして、それが自分の壁を作っている結果になっていた。。。

そんなことを、先日の摩訶不思議な出来事で思い出すことができたのです。

これはできるけど、あれはできない、
そんな限界を作っているのは、自分自身の心。
たったそれだけの事に気づくことが、真の叡智に繋がっていくのだと、
そんなことを、あの出来事によって、
41番の叡智のボトルは教えてくれたような気がします。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
ついでに、ポチッ、ポチッと応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事

9 Comments

yakko  

不思議なガラスビン

今日の写真、すがすがしくて、見ていて気持ちいいです。

あのビンは、その後、あのままですか?
ヒビでてません?

きっと何か伝えたかったんですね。

2008/08/04 (Mon) 01:19 | EDIT | REPLY |   

sato  

観念崩壊

心が現象を作り出してるってことですね。

変な言い方ですが、思い込みの力によって
良くも悪くも出来事が起こるのかもしれないですね。

2008/08/04 (Mon) 02:02 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>yakkoさん、こんにちは♪

>yakkoたん
写真、清々しいと感じてもらえて、嬉しいです♪
ありがとうございます。^^

あのビンは、あのときに水を入れたそのままです。
ヒビは、全く跡形もなく、いまだに水も漏れていません。
不思議ですよね。

41番のボトルからのメッセージ、
大切にしたいと思います♪

2008/08/04 (Mon) 10:33 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん、こんにちは♪

>satoさん

>変な言い方ですが、思い込みの力によって
>良くも悪くも出来事が起こるのかもしれないですね。

そうですよね。
スプーンを曲げるというのも、ある意味、
破壊活動のようなものですものね。^^;

心を透明にして、余計なものは手放して、
現象がプラスに働くようになりたいものですね。

2008/08/04 (Mon) 10:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/04 (Mon) 14:36 | EDIT | REPLY |   

アトランティス  

心の壁 飛んで行け~

2008/08/06 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>アトランティスさん

>アトランティスさん、お久しぶりです。
心の壁が、全部取り払われていった状態って、
想像するだけでも、軽やかになれますね♪

2008/08/07 (Thu) 13:21 | EDIT | REPLY |   

onicco  

なるほど、ほんとにそうですねぇ~。
私は疑ってしまう派ですね(笑

できることを疑うというより
「私には」できないと思ってしまいます。

この壁は一生乗り越えようとし続けるであろう
大きな壁です♪

2008/08/18 (Mon) 21:17 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>oniccoさん、こんにちは♪

>oniccoさん
コメント、ありがとうございます♪

いまの私も、疑う派になると思います。(笑)
あのとき、スプーンを曲げることができたのは
子供限定だったように思います。
その時にスプーンを曲げることができた子供が
大人になってもスプーンを曲げることができているという話は
聞いたことがありますが、
その時、大人だった人ができたという話は聞いたことがないですものね。

子供の、こだわりのなさって、やっぱりすごいなって
今更ながら感じます♪

2008/08/19 (Tue) 11:02 | EDIT | REPLY |   

Add your comment