虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

love&light 愛と光

08092007.jpg

少し前に、ある人から
「愛とか平和とか言っている人って、偽善だよ。」
なんて、ちょっと寂しい言葉を聞くことがありました。

確かに、その人の周りは、権力闘争などの争いが絶えなくて、
そんな風にしか感じることができないのは、無理もないのかな、
なんて、思えなくもない環境に、いるにはいるのですが。。。

そういえば、そんな言葉を聞くと、
以前にオーラソーマ関係のセミナーを受けたとき、
そこの受講生の一人の女性が、セミナーが始まったときからずっと、
「愛ってなんですか。愛ってどういうことなんですか。」
と、問い続けていた人がいたことを思い出しました。

セミナーの最終日、その時の講師であったラハシャ博士
「自然に溢れている山や森に行ったときに、
そこにある木々や空などの自然と、一体感を感じませんか?
その一体感が愛なんですよ。」
というようなことをおっしゃっていました。

その言葉に、愛ってなんですかと、問い続けていた人は、
ようやく、心からの納得を得ることができたようでした。

私自身も、その言葉を聞いてから、
愛というのが、具体的に言葉としても理解できるようになった気がします。


元々の私たちは、本当はすべてが一つだった。
でも、そこに、いろんなエゴが生じて、
そして、そのエゴを自分だと思ってしまったときに、
私たちは、本当は一つだった私たちのことを忘れて、
孤独になっていってしまった。

でも、その、すべてが一つだったことを少しでも思い出して、
実感することができれば、そこには、いつでも愛があるのだと。
愛とは、本当の私たちを思い出すこと、
そして、本当の自分に還ることでもあるのだと、
そんな風に思えるのです。

そして、愛を感じることができれば、
そこには、いつでも、平和があることは、言うまでもありません。

愛と平和は、いつでも、私たちの内側にあって、
いつでも、私たちと一緒にあるのだと、
そして、愛と平和こそが、本当の私たちに還る道なのだと、
そんな風に感じるのです。



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事

0 Comments

Add your comment