このままで、私は神であることを知ります

07030802.jpg

昨日の日記で書いた、B71のピンク/クリアーの色を持つ
ボトルのアファメーションは
「このままで、私は神であることを知ります。」
というものです。

とても意味深な言葉ですよね。
もしも、この意味を誤解してしまうと、
とても傲慢になってしまいそうな雰囲気さえも感じてしまいます。

でも、私たちは、本当は、すべてがひとつにつながっているのだと
理解できたとしたなら、この言葉から、傲慢さというのは
消え去ってしまうのではないかとも思います。

私たちは、本当は、どんな存在で表れていようと
ひとつの輝きから生まれていて、
そして、誰もが、本質的には、同じ輝きを持っている。。。

ただ、それが、なかなか見えてこないのは、
いろんな心の壁を、自分自身で作ってしまっているからなのだと。。。

その壁を取り除いていくことができて、
私たちが、私たちに戻ることができれば
このままで、私は神であることを
知ることができるのではないかと思うのです。

そして、壁を取り除いていくためには、
自と他の区別をなくしていくことが
とても大切なのではないかと感じます。

仏教では、四無量心(しむりょうしん)という言葉があります。

四無量心とは、四つの心の働きのことで
慈無量心(じむりょうしん)、悲無量心(ひむりょうしん)、
喜無量心(きむりょうしん)、捨無量心(しゃむりょうしん)があります。

よく耳にする言葉に置き換えると、
慈悲喜捨(じひきしゃ)のことですね。

慈無量心とは、相手を慈しみ、愛すること。

悲無量心とは、たくさんの苦しみを感じている人を
心から哀れみ、それを取り除いてあげたいと思う心の働き。

喜無量心とは、相手の幸せや喜びを、嫉妬するのではなく
一緒になって心から喜ぶ気持ち。

捨無量心とは、自分に襲いかかっている苦しみに対して、
これは、自分が成したことが返ってきているに過ぎないと考え、
その苦しみに囚われないどころか、自分の悪いカルマが
落ちていることを喜ぶ心の働きのことを言います。

特に、この四無量心の三つ目までを実践することができれば
自と他の区別など消えてしまって
ありのままの私たちに戻ることができるのだろうなと思うのです。

B71のボトルのアファメーションである
「このままで、私は神であることを知ります。」という言葉、
そして、このボトルのkeynoteである
「限界のない愛を通して意識を高める」という、この二つの言葉は
私にとっては、仏教の四無量心という言葉でつながっているのです。

オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんは
すべての宗教は、ただ道が違うだけで、
本質的にはひとつの到達点を目指している、
というように考えられていたようです。

確かに、私が勝手に言葉の連想ゲームをしても、
本当にそう感じられていたんだろうなと思えるような答えになってきて、
オーラソーマって、ただのキレイな色の組み合わせ以上に
やっぱり何かがあるんだろうなと思えて、
なんだか不思議な気持ちになったりしています。

b071.jpg

↓は過去に書いた四無量心についての記事です。
>>四無量心について


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事

Comments 0

Leave a reply