虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

2009年のひと文字

08111905.jpg

2005年から始めた、年始に決める今年のひと文字。
世の中では、年末にその一年を振り返って
ひと文字を決めることが主流になってきているようですが、
年始に考えるひと文字は、
何か、その年の目標のような感じです。

去年は、「信頼」の「信」という文字を目標に掲げていました。
自分を信じること、そして、人を信頼すること。

毎年のことなのですが、それを読み返すまでは
そんな文字を目標にしていたなんて、
普段はすっかり忘れているのですが、
でも、去年は、信頼という言葉を、
いつも心にとめていることが、出来ていたような気もします。

もちろん、まだまだ足りない部分はたっぷりあるのですが、
でも、目標に少し近づけた一年であったのではないかと、
読み返してみて、ちょっと自負したりしてしまいました。

そして2009年のひと文字は、「樹」にしようかと思います。

地にしっかり根を下ろし、そして、太陽に向かって
ただまっすぐに成長していく樹。

そして、森のような樹々が何本もあるところでは、
地上では、それぞれが独立した一本一本の樹々たちも
土の中での、その根っこは、複雑に絡まり合い、すべてがつながっている。

そんな風に人との関係でも、
ひとりひとりが個性ある独立した存在でありながらも、
その根っこでは、すべてがつながっている存在なのだということを、
無意識のうちにでも意識して生きていきたいなと思います。

そして、本当はひとつであるということを感じてことこそ、
大きな力となるのだということを実感できるような
年になったらいいなという願いを込めて、
2009年のひと文字は「樹」にしようと思います。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ >>2008年のひと文字
>>2007年のひと文字
>>2006年のひと文字
>>2005年のひと文字
関連記事

2 Comments

sato  

人なども

樹は見えない所ではしっかりと根が張ってるんですよね
自分は見えている一部分で判断してるだと感じました
見えていない所も沢山あるのだから
一部分だけを見て全体を判断するのはあまり良くないことなのかなとそんな気がしました。

「樹」の一文字に込められたの緋彌華さんの想いが伝わってきますね。

2009/01/05 (Mon) 03:47 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>satoさん、こんにちは♪

>satoさん
いつも、素敵なコメント、ありがとうございます♪

根っこの部分の本質は、なかなか見たり感じたりする機会って
少ないと思うのですが、
そんなところを、いつも感じることが出来れば、
生き方に対する気持ちも変わってくるかな、なんて思って
樹という文字を2009年の文字として選んでみました。^^

といっても、早くも波乱の幕開けの気配もあるのですが、
本質を見失わないように、頑張ってみたいです♪

2009/01/08 (Thu) 11:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment