虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

みずがめ座の時代

050925-0901.jpg

今は、うお座の時代からみずがめ座の時代へと
移行している時期といわれています。

うお座の時代の象徴は、君主制。
そして、それがみずがめ座の時代になるにつれ、
それは民主制へと移行していきます。

精神世界や宗教の世界の観点からいうと、
うお座の時代は、イエス・キリストに象徴されるように、
国のレベルでは、法王を通して、
宗教団体などでは強いカリスマ性のあるひとりの教祖がいて、
その人物を通して、その他の人は神とつながっているという時代でした。

それが、みずがめ座の時代へと移行していくと
一人一人が、神と直接につながっていく時代と言われています。

君主制から、民主主義という社会的な話に関しては、
まだ、すべてではないけれども、
その移行は、目に見える形で進んでいるように感じます。

一人一人が神とつながっていくというスピリチュアルな事象に関しては、
社会的な流れの後についてきている雰囲気で、
まだ少し時間がかかりそうな雰囲気もあるけれども、
でも、以前に比べれば、夢でこんなメッセージを受け取ったとかの、
そんな話をあちこちから聞くことが多くなったようにも感じます。

その時期が来れば、この地球に、エネルギーがいっぱいにあふれて、
一度に、そんな状態がくることもあるのかもと、
そんな風にも思ったりするのですが。。。
妄想でしょうか。。。。(笑)

みずがめ座の時代を象徴する新しい時代の色は、
オーラソーマでは、ターコイズとコーラルと言われています。

この二つの色を持つのは、B93番の『ヘンゼル』と名付けられた、
上層がコーラル、下層がターコイズの色のボトルです。

このボトルのポジティブなキーワードは、自立や自由。
ネガティブなキーワードを探ると、依存や中毒という言葉が出てきます。

一人一人が神と直接につながるということは、
言葉を変えれば、一人一人が自分の本質と
つながっていくことだとも感じます。

そして、そのためには、自分をありのままに受け入れ、
ありのままを愛することが大切なことのように感じるのです。

そして、そうした上にある自立。

自分自身を信頼することから、私たちは、
内側にある自分自身の本質とつながり、
それが、一人一人が神と繋がることになっていくのかなと
そんな風に思うのでした。

このボトルのアファメーションは
「私は、自分を宇宙の真理に向かって開きます。」
となっています。

まずは依存を乗り越えていった先に、自分への信頼があり、
そして、その先に、宇宙の真理に向かって開いていくことが
可能になってくるのかなと、そんな風にも思えてくるのでした。

b093.jpg
B93のヘンゼルのボトルです。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
関連記事

 オーラソーマB093

0 Comments

Add your comment