数字をみつめて思ったこと

09042907.jpg

今日は、時間があったので、久しぶりに、
姓名判断の本を見てみたりしました。
何冊か持っているのですが、見るたびに、やっぱり混乱してしまうのが
私にとっての姓名判断だったりします。^^;

というのは、本によって、同じ漢字でも画数の数え方が違っているのが、
どうしても私には整理できないんですね。
というような理由で、一時期は姓名判断に凝った時期もあったのですが、
あまり深入りせずに、通り過ぎてしまいました。^^;

久しぶりに見てみたのは、数字の意味について、
日本と西洋で違いはあるのかな、なんてことに
好奇心を抱いてしまったからです。

吉数とか凶数とかいう大まかな拾い方をすると、
日本と西洋の数秘術では、全く違ってくるものもあるのですが、
その数字の持つ意味を深く読んでみると、
それをポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかの違いで、
意味自体は、そんなに大きくは違ってないんじゃないかと
思えたりもしました。

ただ、すべての姓名判断がそうだとは言わないのですが、
本の中には、吉数はおもいっきり良いことばかりが書いてあって、
凶数は、おもいっきり悪いことばかりが書いてあるものがあって、
それって、どうなんだろうなんて、ちょっと思ってしまいました。

どんなことにも、表裏の意味があると、私は思います。
たとえば、内向的で消極的な意味がそこにあったとしたときに、
その性質は、リーダーとしては吉とは言えないかもしれないけど、
そこに、コツコツと努力をする性質が加われば
何かの職人さんとして成功するかもしれないし、
出しゃばらない性質が、誰かの補佐役として
とても有意義に働く場合もあると思うのです。

だから、本をおもしろく作る上での便宜上かもしれないけど、
吉とか凶でとかで、一つのことを判断してしまうのは
ちょっと乱暴かなと思ったりもしてしまいました。

それに、もしかして凶数ばかりが自分の名前に使われていたりしたら、
それを信じていない人でも、いい気持ちはしないですよね。
そして、それが、引き寄せの法則によって、
悪いことを本当に引き寄せてしまったら、
占いって毒になっちゃうかも、なんてことも考えてしまいました。

私が占星術などの占いを用いるときは、
今の自分の状況を、別の角度で客観的に見つめたいときに、
一つの手段として使ってみたりしています。

今の自分を客観的に見るのだから、
そこには、吉とか凶とかの判断はありません。

今の自分がどういう状態で、
そして、これからどうしたいのか考えたときに、
過剰に働きすぎているエネルギーがあれば、それを修正するし、
足りないものがあれば、それを補えばいいのだと。

道に迷ったとき、これから進む方向性を確かめるために、
占いという手段を使うのは、悪くないかなと思うのです。

私たちの周りには、私たちが普通にしていたら
感じることができにくいエネルギーというのは
やっぱり、あると思うのです。

そういうものを、自分では良いものとか悪いものとかの
ジャッジはしないで、ありのままに見つめて、
共存して生きていけたらいいなと、そんなことを感じたりしました。

そして、どんなときでも、最後に自分の進むべき道を決めるのは
自分自身だということは、忘れないでいたいなとも思いました。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

ribonmessage  

こんにちは!
HPをご覧いただきありがとうございます☆

姓名判断、苦い経験あります。。。^^;
旧姓がものすごく画数が悪かったのですが、
あまりにも・・・で落ち込んでしまって、
通称名を変えたりした時期があるんです。

今思えば、その頃は外側しか見ていなかった、
という動かぬ証拠ですね~。^^;

そんなこともあって姓名判断には、
私もあまりピンとこなかったりします。

でも、占いって軽視されがちなんですが、
古来からの知恵のひとつであって、
うまく使えば人生にとってとても有意義な
ツールですよね!!

なんでも自分次第ってことなんですね。^^

2009/05/08 (Fri) 17:05 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ribonmessageさん、こんにちは♪

お久しぶりです♪
姓名判断とかの占いなんかで、悪いことが書かれていると
頭では、こんなものって思っても、どうしても気になっちゃいますよね。^^;
占いには、悪いことだけ書いて放置ではなく、
アドバイスとかメッセージって、絶対必要だと思います!

私の場合は、結婚してからの方が画数が悪くなりました。^^;
でも、そのおかげで、一つの数字を
じっくり調べて考える機会を作ることができたってこともあって、
(悪くなった総画数の意味を調べまくりました。笑)
結果的に数字に対する理解がちょっと深まったので、
それはそれで良かったかなって、今では思えます。^^

古来からの智恵、深い部分から理解して、
本当の意味で使いこなせるようになりたいですよね♪

2009/05/08 (Fri) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply