アーサナ

09080401.jpg

ここのところ、ちょっと体調がすぐれなかったので、
アーサナなんてものを再開してみました。

アーサナとは、ヨーガの体操のこと。

ヨーガと言っても、今はいろんな種類のものがありますが、
私は、ハタヨーガ系統の、呼吸法とともに
ゆっくりとした動きで行うものをやっています。

パワーヨガは、あまりにも動きが激しすぎて、
私には、ちょっと向かないようなんですね。(汗)

本当に、最近は、歩くくらいしか身体を動かすことをしないので、
久しぶりに行ってみたアーサナは、
もうすっかり身体が硬くなってしまっていて、
まるで何かのリハビリをしているような状態です。

1日目と2日目は、思いつきで始めてみたことだったので、
呼吸法も、心の中で適当に秒数を数えながら、やっていました。

私の場合は、4秒で息を吸って、8秒で息を吐く、
という感じで行っています。
ヨーガのポーズを行っているときは、息を吐ききった状態の時。
そこで、できるだけ息を止めた状態で、ポーズを保持していると、
しだいに身体がほぐれて、柔らかくなってくるんですね。

でも、最初は、適当に秒数を数えていただけだったので、
ちょっと辛いと、知らず知らずのうちに、
数を数えるのが早くなっている自分に気がついてしまいました。

なので、3日目からは、しっかりとメトロノームで
秒数を数えながら行ってみることにしました。

すると、今までも、4秒で息を吸うというところは、
ちゃんとできていたようなのですが、
8秒かけて息を吐くというのが、
ちょっとおろそかになっていたことが、ハッキリと認識できました。

8秒かけて、しっかりと最後まで息を吐きながら丁寧にアーサナを行っていると、
やはり、身体のほぐれ方と同時に、
身体の中を流れているエネルギーの通り方が
違ってくるのがハッキリと分かります。

ヨーガの考え方の中には、呼吸をコントロールすることによって、
心や体の状態をコントロールするという考え方があります。

やっぱり丁寧に呼吸を行うということは、
心や体や、それらを動かしているエネルギーにとって、
とても大切なことなんだなと、つくづくと再認識することができました。

今日はあいにくの雨ですが、いつもはアーサナを行うときは
自分の部屋で、窓を全開にして行っています。

窓から入ってくる心地よい風と、
窓から見える、澄み切った青空を遠くに眺めながら、
少しずつ、身体が癒されていくのを感じています。

と同時に、心も思いっきりリラックスしていくのも感じます。
リラックスしながら、心を内側に向けていくと、
地球のエネルギーと同化していくような感覚にもなります。

といっても、今は、まだまだリハビリ状態のアーサナですが、
もうちょっと、まじめに続けて、
以前のような身体の柔軟さを取り戻したいなと思っています。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



関連記事

Comments 2

ふう  

こんにちは☆

なるほど~と思いました。
ヨガを習っていても、そこまで詳しいことは
教えてもらっていなかったので…。
息をはくことに意識を集中するようにという
感じでした。息をとめることにも意味がある
んですね。また、このやり方でやってみます♪

2009/08/22 (Sat) 15:30 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>ふうさん、こんにちは♪

ちょっと辛いポーズのまま、呼吸をずっと止めていると
慣れるまでは苦しいと思うので、その時は、
吸う:吐くをできるだけでいいので、
1:2の割合でやっていくと効果的な気がします。
それも苦しいときは、出来るだけゆったりとした呼吸を
心がけるだけでも、ずいぶんと違いますよ♪

最近のアーサナは、ポーズを保持することをしない派も
あるようなのですが、ポーズを保持しているときに
身体が柔らかくなってくるので、やっぱり必要ですよね♪

ただ、今の私は、余分な贅肉も、ポーズを取るのに
ちょっとお邪魔なことが多いので、
それも何とかしないといけないみたいです。(^^ゞ

2009/08/23 (Sun) 00:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply