変化

09121805.jpg

暮れから行っていた、オーラソーマのコンサルテーションルームを
自宅に持ってくるための、自宅の大改造は、ようやく落ち着いてきました。

その時、うちの愛ネコのミラムちゃんは、魚座の女の子ということもあって、
最初は、その変化に心が着いていけない様子で、
いつになく、ニャンニャン、ニャンニャンと鳴きながら、
家中を、抗議するかのように走り回っていました。

蟹座、蠍座、魚座といった、水の星座宮の人は、
いま現在あるものに愛着する傾向が強いようで、
大きな変化が辛いと感じる人が多いのかな、と思うのですが、
ねこのミラムちゃんも例外ではなかったようです。

おまけに、ねこそのものが、変化に弱い部分があるので、
ミラムちゃんは、二重に辛かったのかもしれません。

ただ、ここで問題なのは、私たちが自宅の大改造を行ったのは、
あくまでも、いままでよりも、自宅の環境を
良くしていこうという目的のためだということです。

そのためには、いままでの慣れ親しんだ環境を
ある程度、壊していかないと、目的とする環境を作ることが
出来ないということ。

決して、すべては、ミラムちゃんへの意地悪で
行ったことは、ひとつもないということでした。

そこで感じたのが、同じことが、私たちの今の環境にも
言えるのではないかということでした。

去年は、100年に一度の不況と言われ、
苦しい思いをした人たちは、たくさんいるのではないかと思います。
その不況から、今年は脱することができるかというと、
まだまだ、その状況から抜けるのは、
簡単ではないのかも、とも思えてしまいます。

でも、これらの大変な状況は、もしかしたら、
神々とか、宇宙の根源的なエネルギーとか言うものたちが、
新しい環境を作ることを目的として、
今までの環境を壊しているのかなと思えるのです。

自宅の改造くらいだったら、私たちにも目的はハッキリと見えますが、
長いタイムスパンの中での、社会の大改造は、
私たち普通の人間には、なかなか、その目的が
見えにくい状況であるのは、仕方がないのかもしれません。

ただ、その中で大切なのは、今あるものに対して、
必要以上に愛着する気持ちを手放し、そして、
今の大変な状況の意味を、できる限りのイメージをし、
その変化を楽しむことかな、と思います。

例えば、今までの社会の景気の良さというのは、
たくさんの人が無駄遣いをしていくことで成り立っていた部分がありました。
でも、それは、別の見方をすれば、地球の限りある資源を無駄に使い、
地球を苛めている上で成り立っていたという見方もできなくはありません。

その状況を変えていくためには、無駄遣いをするための物を
作り続けるのではなく、もっと別のなにかが
生まれてくる必要があるのかもしれません。

そして、ひとつは、そういったことを変えていくために、
社会が大変な状況になっているとも考えることができるような気がします。

社会が変わっていくためには、私たちひとりひとりが
心の持ち方を変えていく必要があるようにも感じます。

どんな状況でも、自分を信頼し、その状況を楽しめたら良いなと、
そんな風に感じます。

ちなみに、ミラムちゃんは、やっぱりねこなので、
ねこのもうひとつの特性である、忘れるという要素を使って、
今では新しい環境を楽しんでいるように見えます。(^^)



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

桃  

かに座の私もやっぱり、変化が苦手

・・・でも、引越し大好きなんです(笑)
同じかに座の旦那と山羊座の娘が引越しに大反対で同じところに数年住んでるけど
やっぱり、引越ししたいですね~

反対理由は旦那は経済的なもの
娘は環境の変化したくないって感じですね

2010/01/08 (Fri) 12:12 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>桃さん、こんにちは♪

コメント、ありがとうございます。^^

引っ越しが大好きなかに座さんだったんですね~♪
桃さんは、月とかが、ぜんぜん別の星だったりするんでしょうかね。^^
きっと桃さんって、お引っ越しするたびに、
お部屋のレイアウトを、きれいに考えてられるんでしょうね♪

ご夫婦ともに、かに座さんって、
なんだか、とっても温かな家庭なのかなって、感じてしまいます♪(^.^)

2010/01/09 (Sat) 09:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply