虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

供養の瞑想

10011613.jpg

もうお正月も終わった頃なのですが、
クリスマスイブの日にあった出来事を書きます。
(ちょっと、遅すぎますが、ご了承を。。。(苦笑)

その日は、クリスマスイブといっても、
私はいつものように、スーパーに買い物に行っていました。
その時、BGMとして「ラストクリスマス」がかかっていました。

この曲、いつもは、好きな方には入るものの、
ものすごく好き♪ というほどではなかったのですが、
その時に聞いたときは、とても心に響いてきたのです。
やっぱり、クリスマスという日だけあって、
ちょっとだけ、特別な気分になっていたのかもしれません。

そこで私は、その心の高揚感と共に、
その曲を、神々に供養する瞑想を行ってみました。

チベット系の瞑想の中には、
自分の大切なものを、神々に供養するという瞑想法があるようなのですが、
それを日常的な生活の中で、行ってみたという感じです。

その時は、その「ラストクリスマス」の曲に、
強く感動していたので、供養の瞑想も、
いつにも増して心を込めてできたのだと思います。

神々に、その曲を供養したとたんに、
そこは、ただのスーパーだったはずなのに、
一瞬の出来事ではありましたが、
急に空間が変わってしまったという実感があったのです。

その瞬間、私のいる場所は、光に満ちた、
とても美しい空間へと変容し、
私は、しばらくの間、神々と一緒に、そこにいることができました。

もちろん、心は、なにかがあったわけではないのに、
深い喜びが、内からあふれてくるという状態になっていました。

そうして、その状態が少し引いた頃、
スーパーから出て、家に帰る道を歩き始めたのですが、
その時に、こんな思いが出てきました。

それは、今まで、こんなにいろんな情報が氾濫する中で、
どうやって、いつのときでも、
神々(天使でも宇宙エネルギーでもいいですが)と
繋がっているような状態を保つことができるのだろうと思っていたのですが、
それは、本当に大切だと思えるもの、強く感動したもの、
そんなものこそを、その時々に、神々に供養し、
自分そのものを手放していくことによって、
それは可能となってくるのだと、そんな思いがこみ上げてきたのでした。

これが、私にいただいた、2009年のクリスマスプレゼントです。
今更ながら、メモしておくことにしました。^^



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事

0 Comments

Add your comment