虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

供養の意味

10011603.jpg

先日、供養の瞑想について記事を書いたら、
まずは、供養という言葉の意味というか、定義についての
お問い合わせがありました。

そういえば、確かに、日本の民間信仰で使われている供養と、
チベットなどの仏教で使われている供養という言葉の意味って、
ちょっと違ってるなぁということに、改めて気づいたので、
供養という言葉の意味と、供養そのものの意味を、
もう一度、私の中でも整理しながら、書いてみたいと思います。

元々の供養という言葉は、サンスクリット語の
プージャーとかプージャナーの訳で、仏法僧、
そして諸天などに対して、香や華や灯明や飲食などの供物を
捧げることを供養と言います。

サンスクリット語については、こちらの記事を参照してください。
>>サンスクリット語

それが、日本の民間信仰では、死者や祖先に対しての
追善供養のことを供養ということが多くなり、
そこから派生して、仏教とは関係なく、死者への対応という意味で
広く供養と呼ぶことが多いと、先ほどネットで調べて理解しました。

私の場合は、チベット関係の本ばかりを読んでいるため、
日本で言われている供養という意味は、
すっかり頭から抜けていたので、
ちょっと説明不足になってしまっていたようです。

ということで、ここで私が供養という言葉を使うときは、
仏法僧や諸天に対して供物を捧げることを指しているのだという風に
理解していただけると、たいへん助かります。

ちなみに、仏法僧(ぶっぽうそう)というのは、
仏陀と、仏陀の説いた法と、その仏法を行ずる僧または教団のことを指します。
これらを総称して三宝(さんぽう)とも呼びます。

諸天というのは、これも定義は様々なのですが、
密教における神々と考えてもらえるといいかと思います。

そして、三宝に対して、実際に供養を行えるのが一番いいのですが、
なかなか、自分の中で、その実際の対象が見つからないとか、
対象があっても、経済的に、本当に難しい状況で、
供物を捧げることができないというとき。
(実際に行うときは、現代においては、供物を捧げるというよりも、
金品のお布施という形が普通なのかな、とは思いますが。。。)

あるいは、それらは実際に行っているのだけども、
瞑想といったイメージの世界の中でも、
なおかつ自分が執着するものを、仏陀や菩薩方や神々に
供養するということを繰り返し行っていくことによって、
私たちの中にある執着を、対象となる方々に受け取ってもらい、
心を軽くしていくことを、
供養の瞑想という形で行っていくこともあると思います。

では、なぜ、執着する心を手放す必要があるのかというとに
なると思います。

それは、小乗仏教で説かれている、私たちの苦しみの
根本原因を考えていく必要があると思います。


ということで、今回は、説明的な文章になってしまいましたが、
長くなってきたので、続きは、また次回に書くことにします。

いま、日本の中でブームになっているスピリチュアルは、
感じることが中心になっているかなと思うのですが、
仏教のお話になってくると、論理的に考えることが多くなるように思います。

右脳と左脳とどちらを使って、魂を進化させていくかの違いなのかなとは
思いますが、最終的には、その二つの統合が
必要となってくるともいわれているので、
少しの間、気難しいお話にもおつき合いいただければと思います。

私も普段は左脳をあまり使わずにいることが多い気がするので、
こういうご質問があって、記事を書くと、
普段使っていない部分を使うことになって、
ちょっといいかもと思って、続きを頑張りたいと思います。^^

でも、分かりにくかったら、ごめんなさい、ですけども。。。^^;


ちなみに、以前にも供養の瞑想について書いていた記事があったので、
参考程度にリンクを張っておきますね。
>>供養の瞑想


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事

2 Comments

深見 叶  

初コメント失礼します

いつも、mixiでお世話になっています。
供養、国によってまたは宗教によって
さまざまな考えがありますよね。

今流行り(?)のスピリチュアルは、
疎くてあまり詳しくないのですが、
ほかの日記などを読んでいるうちに、
家の中の不要なもの すっきりさせなきゃ
と、思ってしまいました。

緋彌華さんと、マイミクになったご縁も
なにかあるのだろうなぁ~と思いながら、
ふと、オーラソーマのボトルの写真をみて
私の好きなボトルの色がこの色だったことを
思い出しました。

供養の瞑想。私も、してみよう。
昔、マヤ暦やオーラを見たりする方から
瞑想を教えてもらったことがあります。
自分の中の何かが変わるって、想う瞬間が
たまに、あります。
最近は、寝てしまった子供に光を当てる瞑想?をしたりしています。

緋彌華さんの写真を見ていると、心がなんとなく落ち着きます。
これからも、宜しくお願いします。

2010/01/27 (Wed) 15:22 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>深見 叶さん

コメント、ありがとうございます♪
オーラソーマのボトルの写真というのは、
このブログで使っている、上層がヴァイオレットで
下層がピンクのボトルのことでしょうか?
このボトルだったら、私も、いつも一番始めに選ぶ大好きなボトルなんですよ♪

供養の瞑想は、本当に心が軽くなっていく実感があって、私もとても大好きです♪
子供さんに光を当てる瞑想をされてるんですね。
とても幸せなお子さんですね♪
私は、光の瞑想は、神社などをお参りしたときに、
現世利益をお願いするのではなく、光が降り注ぐ瞑想をしています。(^^)

こちらこそ、これからも、よろしくお願いします♪

2010/01/29 (Fri) 10:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment