おやゆび姫から

10030512.jpg


子供のとき、アンデルセン童話が好きでした。

その中でも、一番好きだったのは、人魚姫だったんだけど、
もう一人(?)、好きだったのは、
おやゆび姫に出てくるツバメでした。

自分を助けてくれたおやゆび姫を
今度は、自分が助けるために、
おやゆび姫を南の国まで連れて行ったツバメ。

そして、おやゆび姫は、
自分と同じ大きさの王子様に出会って、
今度こそ幸せになれたと。

そうして、おやゆび姫の幸せを見届けたツバメは、
そこから去っていくんだけど、
その時、空を旋回していく様子が、とても寂しそうで。。。

本当は、おやゆび姫に恋をしていて、
本当は、一緒にいたかったんじゃないかな、
とまで思えてしまう描写がそこにありました。

でも、ツバメは、おやゆび姫が一番幸せになれる場所へと
連れて来ることをしたら、
もう、自分は何も言わずに去っていく。

なんだか、脇役さんなのに、
そんな、切ない優しさを残してくれたツバメが、
ずっと好きでした。


いまは、太陽が魚座にあり、
その魚座はマゼンタカラーと共鳴するとされています。

マゼンタのキーワードは、
神聖なる愛、そして、小さきことの中の愛。

そんなマゼンタのエネルギーが
子供のときに読んだ、おやゆび姫のツバメの話を
思い出させてくれたのかな、なんて、
そんなことも感じます。


もうそろそろ、ツバメが渡ってくる季節ですね。

近所では、早咲き桜が、すでに咲いていました。^^



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

Lyrica  

お邪魔します♪

緋彌華さん、こんにちは^^

アンデルセンのお話は、いいですよね^^
私も好きです。

ところで。。。
「マゼンタ」という色は、魚座対応だったのですね。

実はここ数日、マゼンタのことをずっと
考えていたところだったので、なんだかまた、
シンクロを感じてしまいました(笑)

桜の写真、とっても綺麗ですね^^

2010/03/07 (Sun) 12:44 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>Lyricaさん、こんにちは♪

コメント、ありがとうございます。^^

桜は、近所のお寺に、早咲きの桜があるので、
毎年、3月の初旬からお花見ができて、
幸せを感じております。^^

Lyricaさんは、密かに魚座と縁が深いんですものね。
魚座のマゼンタの光、自然に受け取ってられたんですね。^^

ちなみに、Lyricaさんがコメントを残していただいた時間と、
今もそうですが、月が射手座ですね。
魚座の精神性と射手座の哲学的なものが
融合している時間のように感じてます。^^

2010/03/08 (Mon) 11:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply