虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

宇宙のエネルギーに乗ることを教えてくれた夢の話

11021511.jpg


またまた、こちらのブログは、すっかりご無沙汰してしまいました。

最近は、もうひとつのブログである、
『色と星の暦』は、けっこうまじめに更新している分、
こちらからの方は、気持ちがちょっと遠のいちゃってるみたいで。。。

最近、あまり写真を撮りに行っていないと言うこともあるのですが、
もうちょっと気軽に、こちらのブログも
書いていきたいなと思ったりしています。


ということで、今日は、少し前になりますが、
素敵な夢を見たときのことを思い出してみたいと思います。


その夢の中で私は、とても素直な気持ちになっていました。

それまで、ずっと、私の心の中で拒否し続けていたある事柄を、
その夢の中では、とても自然に受け入れていたんです。

その夢の中には、いつも出てくる守護者の方も出てきていて、
そのことについて、しばらく2人で話をしたりしていました。

そうして、しだいに、これからどうするかということについても、
話は進み、同時に、状況も変わっていったという内容の夢でした。


その夢を見た頃は、占星術的に、魚座のエネルギーが
強いときでした。

そして、魚座は、マゼンタカラーと
エネルギーが共鳴するといわれています。

マゼンタカラーは、オーラソーマをやっている人以外には、
あまり馴染みがないと思いますが、
8番目のチャクラと共鳴する色とされています。

8番目のチャクラは、頭頂にある7番目のチャクラより、
さらに上にあると言われているもので、
ソウルスターという呼び名もあるようです。

このソウルスターには、私たちの魂の潜在的な可能性と目的が
書かれている聖なる青写真が納められており、マゼンタカラーは、
この部分に繋げてくれる働きがあるそうなのです。


そして、その夢を見た頃の星の配置は、
そのマゼンタカラーと共鳴する、魚座のエネルギーが
とても強かったときと言うわけなのです。

そのため、その時の地球に降り注がれているエネルギーによって、
そんな夢を見ることができたのかなと、
そんなことを感じたものでした。


そして、その夢の中のように、自分自身が、本当は
やらなければいけないことを、素直に受け入れることができたとき、
心は、本当に平和で穏やかになることができ、
そうして、それによって、現象は、すべてうまく運んでくれるのだと、
そんなことを感じていたりもしたのでした。


私たちが、本当はやらなければならないことがあるという
宇宙の意思があったとき、
それに気持ちが逆らっているときは、
宇宙のエネルギーに逆らって、もがいているような状態に
なっているような気がします。

逆に、自分が生まれてきた理由を理解し、
そのエネルギーの流れに乗ることができたとき、
私たちを取り囲んでいる状況は、すべて変わってくるのかなと、
そんなことを、その夢は感じさせてくれたのでした。

もちろん、どんな場合も、自分自身の努力は必要です。

ただ、その頑張る努力の方向性を
どこに向けていく必要性があるのかを理解することができれば、
私たちのすべてが、ポジティブに開かれていくような、
そんなことを感じることができた夢だったのでした。


そんな夢を見ても、しばらくすると忘れてしまうことが
あるのですが、忘れないうちに、こんな風に記すことができて、
やはり、良かったなと思います。



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Add your comment