如意宝珠-慈悲の祈り

11022303.jpg


今朝、起きてみると、今日は昨日よりも
エネルギーが軽くなっているように感じました。

地震の当日と、その前後は、アパーナ気と言って、
人の下半身に位置する気というかエネルギーがあるわけですが、
これがとても強く、下に引っ張られる感じが、ずっとあったのです。

この気がネガティブに働けば、人の怒りや恨み、嫌悪、
といったような感情が強く動くことになります。

また、場合によっては、本人は気づかなくても、
そういった感情を抑圧している場合もあります。

そして、このエネルギーは、地元素とも関係していて、
地球の大地とも、深い関係があるわけです。

もちろん、大地と関係してくるときは、ポジティブな意味合いも
当然あるわけなのですが、ネガティブに人の感情と
結びついてしまったときは、地震と言ったようなものと
結びついても、不思議ではないものを感じます。

しかし、今日になって、そんなエネルギーも少しずつ撤退して、
軽くなってきているように感じるのは私だけでしょうか。
それとも、一時的な何か…?

いずれにしても、たくさんの人の祈りが、大きなエネルギーとなって
昇華しているような気がしてなりません。


そこで、というわけでもないのですが、
今日は、私の大好きな祈りというか、瞑想法の一つで、
チベットのトンレンという慈悲の瞑想をご紹介したいと思います。

チベット仏教では、私たちの苦しみの原因は、
我執や自己愛と言ったような
自分だけ、あるいは自分の身近な人達だけは
幸せでありたいといったような感情や、
そこから派生する行為であると言っています。
そして、それらのことを、エゴという言葉にも置き換えられます。

自分を可愛がることが生きる上での最良の防御だと
私たちは頑なに信じているのですが、実際には、
それらが私たちに苦しみを与える因となっているのです。


すべての利益となるものは他のもとへ
すべての損失となるものは我がもとへ



この言葉は、チベットにおけるトンレンの
もっとも偉大な師に11世紀の『ゲシェ・チェカワ』という方が
生涯を通して、信奉された教えなのだそうです。

この二行に込められた広大な慈悲は、
与えるものを祝福し、受けるものを祝福してくれると言います。


本来は、もうちょっと心のプロセスの順序をつけて、
慈悲の瞑想を進めていくことが理想なのかもしれませんが、
被災地に向けて、私自身がいま現在行っている
祈りとも瞑想とも言えるものですが、まずは、それを書いておきます。


悩み苦しんでいる人々を思い浮かべながら、
息を吸うとともに、その人の悩みと苦しみを
哀れみを持って、自分の中に取り込むようにイメージします。
さらに、息を吐くとともに、私たちの温もりを、癒しを、愛を、
喜びを、満足を、苦しんでいる人に向けて送り出します。

そうして呼吸をするたびに、少しずつ私たちの
哀れみの輪を広げていきます。

まずは、親しみを感じる人たちを輪の中に
取り組むことからはじめて、
次には、それほど関心の対象ではない人々へと広げ、
さらには、自分自身が嫌っている人や不快に思っている
人々をも包み込み、ついには、
非人間的な残酷さを感じる人にまで、その輪を広げていく。

そうやって、私たちの哀れみの心を普遍的なものへと
していきます。
すべての有情の生命を、生きとし生けるものを、
いかなる例外もなく、その抱擁の中に
取り込んでいくことを目指していきます。



これが、いま現在、私自身が、被災地に向けて、
行っている瞑想法です。

不思議と、この瞑想を始めてからは、
私の中にあった恐れや恐怖心がなくなってきました。

でも、それだけでは足りない。

慈悲の祈りは、奇跡を起こすことを信じて、
もっともっと、続けていきたいと思います。

それに、いま私にできることが、祈ることだけなら、
最高の祈りを捧げていきたいですし…。

そして、先にも書いたように、この瞑想には、
本当は段階があるのですが、
必要を感じたら、また、続きを書くかもしれません。


注:今日の話や瞑想は、ソギャル・リンポチェ著の
『チベットの生と死の書』を参考にしています。


余談ですが、今日の写真は、近所のお寺に、
つい先日咲いていた桜です。
早咲きの種類の桜なんだそうです。
どんなことがあっても、季節はいつも通りに巡ってくるのだなと
そんなことを、ちょっと思ったりもしたので、
昨日、今日と、その桜の写真をアップしてみました。



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 2

江利  

瞑想とは違うのですが、祈るとか気持ちを向けるというのは大切だと、マイミクさんから教えてもらって実行し始めました。原発が冷えていくイメージを送る。作業に当たっている方に「気をつけて、ありがとう」、地球を思い浮かべながら「ありがとう、愛してます」と気持ちを送るとか。ドラゴンボールの悟空の「元気玉」のように、一人一人の気持ちがエネルギーになって、この状況を良い方向へ進めていけるよう。少しの時間でいつでもどこでも出来ます。

2011/03/19 (Sat) 09:59 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

意識を向けて、良いイメージを送るということは、
大きなエネルギーになるから、本当に大切なことですよね。
怒りのエネルギーよりも、愛のエネルギーが上回れば、
原発も治まってくれるのではないかと思うのですが…。
やり方は違っても、愛するエネルギーを送り続けたいですよね(*^^*)

2011/03/19 (Sat) 13:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply