今日はアロマのことです

11081202.jpg


台風11号の影響かどうかは不明ですが、
こちらは、朝から雷と雨が続いています。

引っ越し先の箱根の仙石原は、
国立公園の中にある湿地帯です。
そのため、晴れていても湿度が高いのですが、
雨が降ると、半端じゃないくらいの湿度になります。

雨は、降っているときは、まだしも、
その雨が止み、晴れ間が出て暖かくなってくると、
カビ菌が一斉に活動を始めるようなのです。

そのため、昨日のような雨が降ったり晴れたりのお天気の時は、
カビの活発さに、ちょっとビックリしてしまいました。

今度のおうちの壁は、全部ではないのですが、
ほとんどを漆喰にしてもらったので、
湿気に強い漆喰の部分は大丈夫だったのですが、
前の家からずっと使っていた家具に
カビが発生してしまったのですね。

最初のうちは、近所のホームセンターで買ってきていた、
カビを除去するスプレーを吹きかけ、
その後に、カビ防止スプレーを吹きかけていたのですが、
どうしても、市販のものを使い続けていると、
ちょっと、気持ち悪くなってきてしまいました。

そこで、ようやく思い出したのが、アロマテラピー。

最近、ずっとバタバタしていたせいもあってか、
アロマで手作りするという感覚を忘れていたようで、
カビもアロマでなんとかなるということを
思い出すのに時間がかかってしまったのでした。(汗)

でも、思い出してからは、すぐに手持ちのもので、
カビ防止スプレーを手作り。

残念ながら、ユーカリの精油は切らしていたので、
ティートリーとラベンダー、レモングラス、ゼラニウム等々で
スプレーの他にも、アロマソルトも作りました。


カビ防止スプレーの作り方は、無水エタノール5mlに
上記の精油を、ティートリーを中心に10滴ほど垂らし、
そこに、精製水を45mlほど入れ、
ガラスのスプレービンに入れて出来上がり。

カビを拭き取った後に、シューシューと吹きかけまくったので、
50mlものスプレーが、いっぺんに無くなってしまいました。

でも、その成果があってか、今日のような豪雨でも、
カビが発生しなくなりました♪(^^)


そして、アロマソルトは、
市販の調理用の塩をガラスビンに入れ、
そこに、カビに効きそうなアロマの精油を
2~3滴垂らして、出来上がり♪

塩は、湿気を吸収する働きもあるので、
アロマソルトは除湿効果も期待できます。

アロマソルトから香りが消えたら精油を足し、
そして、ソルトが湿気を吸収しきったら、
水分へと変わってしまうので、
そうなったら、新しいものと交換です。

前から置いてあったヒマラヤ岩塩は、
けっこう湿度を吸収してしまったようで、
ガラスの下の方には、水がたまっていました。

それだけ、湿気を吸収してくれてたんですね。

残ったヒマラヤ岩塩にも、精油を数滴垂らして、
また、空間の浄化と、カビ防止のために
働いてもらうことにしています。


自然が豊かな場所というのは、
生活するには、厳しい面がともなう場合も多いです。

そんなとき、文明の利器に少しは頼っても、
できるだけ、自然のもので解決できたら良いなと思います。

アロマソルトをあちこちに置いたことで、
湿っぽさから少し解放されただけでなく、
閉め切った家の中でも、あちこちから良い香りが漂って、
家の中のエネルギーが一変したような気がします。

アロマを思い出させてくれた今回の雨に、心から感謝です(^^)


11082501.jpg

空間を浄化してもらっているヒマラヤ岩塩です。
新しいコンサルテーションルームでの撮影です。
ヒーリング・オブ・トートは密かに再会していますが、
こちらでのご案内は、また改めてさせていただきたいと思います。



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村
関連記事

Comments 2

江利  

そんなにカビ!?

そんなにカビはえちゃうくらいすごいんですか~。びっくりしました。
アロマのカビ防止スプレー、いいですね!
私も作って、部屋にシューシューしてみようかな。

2011/08/25 (Thu) 21:54 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

>江利さん

普段でも、夕方になると湿度が98%くらいのところなんです。
なので、雨が続くと、とても大変な状況になってしまいました^_^;
今回は、湿度は梅雨時に逆戻りしたって話だから、
仕方がないと言えば、仕方がないのかな?(汗)

カビ防止スプレー良いですよ♪
カビ対策のつもりでなくても、振りかけると、
とても気持ちが良い香りがするので、お勧めです♪

2011/08/26 (Fri) 10:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply