夢見と引き寄せの法則

12061004.jpg


最近、マグワートというアロマの精油を焚きながら
眠りにつくことを、時々しています。

マグワートとは、日本語では、オウシュウヨモギと言われる
ヨモギの種類のひとつなんだとか。

ヨモギって、まるで雑草のように、どこにでも生えているものですが、
でも、なんとなく、美味しそうで、体にも良さそうな気がします。

そして、とくに、このオウシュウヨモギは、
その薬効効果の高さと、不思議な力を持つために、
雑草ではなく、ハーブと分類されることも多いようです。

その学名は「アルテミシア」といいますが、
これは、月の女神アルテミスから名付けられたそうです。

そのため、オウシュウヨモギは、
アルテミスの聖草ともされているそうです。

そして、そのマグワート(オウシュウヨモギ)は、
とても強い浄化の力を持つとも言われます。

また、それ以外にも、その不思議な力のひとつとして、
夢見を鮮明にしてくれる働きもあると言われています。

あるいは、月のエネルギーによって起こる
感情の浮き沈みのバランスを整えてくれる働きもあるので、
逆に、夢を見すぎて夜ぐっしりと眠れない人に対しても、
優しい睡眠を与えてくれる働きもあるとも言われます。

ただ、このマグワート、毒性の強いツヨシという成分も
多く含まれているということなので、
自分で使うときは、おそるおそる使っているんですけれども。。。

でも、実際に使ってみると、ちょっと刺激的な香りはするものの、
なんだか意識がスッキリする感じがあって、とても気持ちが良いんです。

頭のてっぺんのクラウンチャクラを刺激するハーブとも言われるだけあって、
マグワートを焚きながら眠ったときの夢は、
鮮明な示唆夢が多いという印象です。

つい先日も、そんなマグワートが、ステキな夢を見せてくれました。


その夢に登場してきた人たちは、日頃から、自分たちは不幸な人間で、
周りから苛められることが多いと感じていて、
そのためか、その人自身も、他人に対して
恨みのようなものを持つことが多い人たちでした。

そのため、その表情も、
いつも険しい顔をしていることが多かった印象でした。

でも、その夢の中で、人を恨むことばかりしていたその人たちが、
急に、優しく穏やかな表情に変わり、
周りの人たちに、恨みではなく、優しい愛情を注ぐようになったのです。

すると、それまでは、その人たちの周りで諍いばかりがあったにも関わらず、
その時から、その人たちの周りに集まってくる人たちも、
優しく穏やかで、愛情豊かな人たちへと変わっていったのでした。

もちろん、そうなったことで、その人本人も幸せになることができたのです。

すると、それまで、後ろでその様子をずっと見ていた人が、
突然に口を開き、
「これが引き寄せの法則なんだよ。」
と教えてくれたのでした。


そういえば、この夢とは別の夢である今朝の夢の中でも、誰かが私に
「引き寄せの法則を忘れてはいけないよ。」
と念を押して教えてくれていました。


そんな夢での出来事を思い出してみると、
最近、現実の世界で、思うようにならないと感じていることがあったのですが、
それに対しての解答を、幾度となく、夢で示唆してくれたのかなと、
そんな風に感じます。

それは、自分の思うようにならないときは、
周りを変えることを考えるのではなく、
まずは、自分自身の心の持ち方を変えていくこと。

そうすることで、自然と現象も変わってくるということを、
あらためて認識させてくれたようなのでした。


そういうことって、頭では理解していたはずのことでも、
実際に、その現象の中に自分自身が没入してしまったときは、
どうしたものかという思いにとらわれすぎて、
気持ちに余裕を持つことができにくい状態だったのです。

でも、それを、何度も繰り返し、教えてもらえたことで、
もう少し、どっしりと構えることができそうな気もしています。

そして、日頃の瞑想の中にも、浄化の瞑想だけでなく、
愛の瞑想も、もっと取り入れてみようかな、とも思ったり。


こんな風に、この不思議な力を持つと言われるマグワートは、
霊的体験と夢の体験を日常に調和することができるとも
言われています。

グラウンディングができていないと感じるときも、また、
使ってみたいなと思っています。



注意:写真はヨモギではありません。



ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
参加中のランキングサイトです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



関連記事

Comments 0

Leave a reply