ラリマーとローズクォーツのブレスレット

12092013.jpg



今回は、お友達のHさんから依頼を受けて、
ブレスレットを作りました。

お友達とは言っても、Hさんとは、
ネットだけの知り合いで、直接にはお会いしたことはありません。

でも、そのネットの中でも、
ちょっと不思議なご縁の方だったりもします。

初めての出会いは、ほんとにもう何年も前のことでした。
でも、その後、自然消滅的な雰囲気で、けっこう何年もの間、
音信不通状態になっていたのです。

にもかかわらず、あの広いネットの世界で、まったく別のところで、
数年前に、ほんとに偶然に、再開することができたのでした。

そこから、ちょこちょこと、やりとりがあり、そのやりとりの中で、
実はスピリチュアルなことにも関心があることを知り、
そして、今回の依頼があったという感じでした。

そんなご縁であるにも関わらず、
今回のブレスレット作りの中では、
お互いにたくさんのシンクロに出会い、
そして、お互いに、深いところからの信頼を感じながら、
最終的には、最初の思いとは、まったく別の形にはなったものの、
不思議なメッセージを感じるブレスレットとなりました。


始めは、青系の好きなHさんの要望で
ソーダライトでブレスレットを作る予定でした。

しかし、数日後に山を降りてお店に行ったときに
そこで目に入ってきたのが、
カギのかかったショーウインドウの中にあった、ラリマー。

そういえば、ラリマーも希望の中に入っていた石のひとつだったかもと思い、
ジッとみつめていると、もう、すごい勢いで、
ラリマーの世界に吸い込まれていくような不思議な感覚があったのです。

そこで、家に帰ってから、Hさんにそのことを伝えると、
ラリマーを中心にブレスレットを作ることに合意してくれて、
そうして、できあがったブレスレットがこれです。


12092304.jpg


ラリマーの間には、透明感の強いローズクォーツを挟みました。

そして、このブレスレットを見ていると、
なんだかアトランティスのイメージが、ふつふつとわいてくるのでした。

海のような青を彷彿とさせる石だからかな、と思っていたのですが、
その後にラリマーのことについて調べてみたら、
ラリマーの主な産地のドミニカ共和国は、
アトランティスの失われた大陸だったという伝説があるのだとか。

この話を読んだときは、おもわずドッキリ。

それは、この石の中には、アトランティスの記憶が
しっかりと刻まれているような、
そんな意識も感じてならなかったからなのでした。

そういえば、この石が発見されたのは1974年と、
比較的、最近のことなのだとか。

魚座の時代から水瓶座(アクエリアス)の時代へと
約2000年単位の移行が起こっているときに発見されたというこの石。

それさえも、私には単なる偶然には感じられず、
新たに始まるアクエリアスの時代のために、
アトランティスの記憶を抱えて、このタイミングで現れたのかも、
と、そんな想いも、この石を見ていると出てくるのです。


そして、ラリマーとローズクォーツを組み合わせたのは
最初から予定していたわけではなく、本当に偶然だったのですが、
合わせてみると、まるで最初からここに来ることが
決まっていたかのように、ピッタリとはまったと、私には感じたのでした。

ただ、それでも、Hさんのイメージの中には
ローズクォーツは入ってないかも、と思い、
おそるおそる写真付きメールで尋ねてみると。。。

実はHさんは牡牛座で、その牡牛座の守護石のひとつに
ローズクォーツがあるのだとか。

私がその話を聞いていなかったにも関わらずに、
偶然にローズクォーツが選ばれたことに
逆にとても喜んでくださって、
ブレスレットの形が、こうして決まったのでした。


そうして、偶然に偶然が重なって、ラリマーのブルーと
ローズクォーツのピンクの組合せでのブレスレットができあがったのですが、
ブルーとピンクをあわせるとヴァイオレットになります。

ヴァイオレットの意味の中には、『変容』という言葉は欠かせません。

魚座の時代からアクエリアスの時代へと変容していくために、
ここにいる、私たち自身も、変容していくべき時とも感じます。

おそらくその変容は、アトランティスの時代にも
必要とされていたのではないかと、漠然と、そんな風にも感じています。

私たちの意識が、少しでも高みへと変容していく、
あるいは、私たちの本質へと近づけていくという言葉でも良いわけですが、
そうすることで、これから訪れる時代というものが、
本当の意味での、愛(ローズクォーツ)と平和(ラリマー)にあふれるのだと、
そんなメッセージを、このブレスレットから感じたのでした。

そして、それは、ただ優しいだけの変容でないことも、
この石たちを持ってみると、感じたりもしました。

たくさんの浄化の涙を流すことによって、
本当の愛と平和を手に入れることができるような
そんなイメージも伝わってくるのでした。


それから、このブレスレットの色である
ペールブルーとペールピンクの組合せのオーラソーマのボトルは、
B58番の『オリオン&アンジェリカ』。

このボトルのアファメーションは
『私は「今、ここ」に来ました。そして変化は今、起きています。』
とあります。

そして、このボトルのメッセージの中には、
『物質と精神の間に架け橋を築くことができる』
というものがあります。

これから訪れるアクエリアスの時代の私のイメージには、
精神性の高さによって、物質的なものも
そういった方向性に進化していくのではないかと
そんな風にも感じています。

なので、このボトルのメッセージを読んだときも、
「あ、そうそう!こんなメッセージもこのブレスレットから感じる」
なんて、そんなことも思ってしまいました。(^^)


それから、後で聞いた話ですが、Hさんの生まれた年は、
先ほど書いたラリマーが発見され年と同じ1974年なんだとか。

これも、とても不思議な偶然のように感じます。

Hさんが、私とラリマーを会わせてくれて、
そして、そんな私が、Hさんの元にラリマーを届けた。

という、ちょっと摩訶不思議な関係ができあがったのかな、
と、そんなことも感じたりしています。

もしかしたら、Hさんとの関係は、
アトランティスの時にご縁があったのかもしれないと、
このブレスレットを作っているときに感じました。

だから、遠いようで近い関係なのかもしれないな、
なんてことを考えながら、
Hさんの元に、ブレスレットをお送りしました。


今回は、初めての依頼という形でのブレスレット作りでしたが、
たくさんのシンクロに、たくさん楽しませてもらえました。

ありがとうございました。(^^)




ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです(^^)

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Comments 2

江利  

とても素敵なブレスですね~♪綺麗!

ラリマーって初めて知った石です。
こんな綺麗なブレスなら、依頼の方も喜ばれるでしょうね。

私がお願いしたら、どんなブレスが出来るのか!?
今はまだ世界に一つのものが欲しい!!という気持ちが無いですが、
そのうちにお願いするかもしれません♪

2012/10/01 (Mon) 21:18 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

江利さん、こんにちは^^

ありがとうございます(^^)
ラリマーは、ちょっとお高い石なので、
お店では、なかなか手軽には見かけない石ですよね。
でも、本当に綺麗な石だと思います♪
こういう珍しい石だと、その石との出会いというものもあるので、
お願いされたタイミングも大きいのかなと思います。
江利さんが依頼されたときには、
今度はどんな石との出会いが待っているのか、
想像しただけでも、ちょっとドキドキワクワクな気がしてきます(*^^*)

2012/10/02 (Tue) 14:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply