ターコイズカラー、私は誰か

12091802.jpg


B43の上下共にターコイズの色を持つ
『クリエイティビティ(創造性)』と呼ばれるボトルを
ひと月ほどかけて使い終わりました。

このボトルのテーマの中に、
『ハートからのコミュニケーション』とか
『魂への信頼』といった言葉があるので、
使う前は、このボトルとワークしているときは、
ちょっとだけでも、心がホクホクしたりするのかな
なんて思ったりもしていました。

でも、実際に、このボトルとワークしてみると、
その期待とは裏腹に、
自分自身の内側を深くえぐられてくるようなことを感じたり、
自分の中で、あまり見たくないと思っていたものを、
ドンと目の前に置かれてしまって、それらと対峙しているような、
そんな違和感を感じることが多かったのでした。

でも、ボトルを使い終わって二日ほど経ってから、
ただボーッとしていた、その一瞬のときに、
ふと私の中に、これまでとは違った何かを感じたのです。


それは、私自身は、この宇宙の中に存在する、
小さな小さなひとつのコマに過ぎないという感覚から始まりました。

でも、その小さなコマであることを、
そのままに受け入れることができたとき、
私自身は、小さな個から、
大きな全体へと溶け込んでいくことができ、
この宇宙とひとつとなっていくのではないかと、
そんな不思議な感覚に包まれていったのでした。

『私は誰か』

これもまた、ターコイズの
大きなテーマのひとつと言われています。

私は、全体のひとつのコマに過ぎないもの。
でも、その全体が私そのものであることにも変わりない。

たとえ、私自身が一枚の落ち葉のような
いっけん目立たないような役割だけしか持っていなかったとしても、
そのことを、ありのままに受け入れていくことの大切さ。

落ち葉は、秋が深くなって、地面に落ちてからも、
残された幹という植物たちを、冬の寒さから守るという役割もあるし、
そのまま腐って朽ちていったとしても、
そこから枯れ葉は地の養分となり、
そうして、枯れ葉自身が、大地そのものへとなっていく。

私は誰か。
そう、私自身が、地球であり、宇宙であり、世界であること。

なんでもない小さなコマでしかないように見えても、
私は全体の紛れもない一部であり
私自身がすべてなのだと。


そんなことが、本当にほんの一瞬の間に、
私の中に入り込んできたように感じたのでした。


ターコイズカラーには、他にも
『存在の感じる側面を通しての創造的なコミュニケーション』、
『集合意識とつながる』等のメッセージもありますが、
そんな要素にも、このボトルは最終的につなげてくれたのかなと
そんなことを感じた瞬間でした。

そして、ターコイズの『個性化のプロセス』というものは、
もしかしたら、全体とひとつに溶け込んでいくことにつながるのかな、
と、そんな不思議な感覚にもなったのでした。




ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです(^^)

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply