2013年のひと文字

12123106.jpg


新しい年が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は、占星術的にも多くのイベントがあったり、
マヤ暦においても12月21日という、とても大きな区切りを迎えました。

そして、その後に訪れた2013年は、
新しい時代を迎える、大切な節目の年となるのかなと
そんなことを考えながら、新年を迎えました。

でも、これまでの歴史を振り返ってみても、
時代が移り変わる渦中にいる人たちには、
これから、どのような時代が訪れてくるのか、
そして、いま自分たちが、どこに立っているのか、
そんなことを、きちんと理解することのできていた人が、
いったいどれくらいいたのかと、考えてしまいます。

私自身、今の自分の立ち位置がきちんと分かっているとは言えず、
とにかく時間があれば、瞑想をするというようにして過ごしています。

しかし、今年の初夢では、瞑想は基本だけど、
それだけではダメなんだというような解釈ができるような
夢をみたように感じました。

その夢のなかでは、私は自由に空を飛び、
好きなときに好きなところに行けるという状態でした。

そして私は、地球の裏側に位置するチリ(なぜチリなのかは不明ですが)に
瞬間移動をして行ってくると、そこにいる人達に告げて、
意識を集中して飛び立とうとしていたのです。

でも、そこに、いつも夢に出てくる守護者の方がいきなり現れ、
「この薬を使えば、もっと楽に瞬間移動ができるよ」
と言われ、小さなビンを差し出されました。

私は守護者の方の好意に嬉しくなって、
すぐにそのビンの中身を飲み干したのですが。。。

しかし、実際には、瞬間移動が楽にできるようになったのではなく、
私の身体がどんどん大きくなってきたのです。

守護者の方は、私の肩に乗り、
そして、私の背中に乗れるだけのたくさんの人を乗せて
その上で空を飛ぶようにと指示をしてきました。

私は、
「自分の背中いっぱいに人を乗せたら、絶対に飛べなくなりますから」
と言ったのですが、守護者の方はお構いなしに人を乗せまくります。

その時は、私の身体がとても大きくなっていたので、
100人くらい背中に乗ったでしょうか。

でも、案の定、それでは私は
背中が重すぎて飛び立てなくなってなってしまったので
なんとか守護者の方と交渉して人を半分に減らしてもらって
ようやく、さっきまでのように、
空を自由に飛ぶことを可能とさせてもらいました。


この夢をみて目が覚めた時にすぐに感じたことは、
いま私がやっていることは、もしかしたら自分のことだけしか
考えていなかったかもしれない、ということでした。

少しでもたくさんの人を乗せて自由に空を飛ぶこと、
そんなことを、今年は考える必要があるのかと感じています。

そして、そのための協力であれば
私の守護者の方はしてくれるのだと、
そんなことを示唆されたように感じました。

そこで、私は3年前までやっていた、
新年に今年の抱負として、今年のひと文字を考えるということを
また、やってみようと思いました。

そして、出てきた今年のひと文字は『信』という文字。

いろんな現象は、必ずしも
自分のやりたい方向に向かっていくとは限らない。

そんなときに、その流れを信頼すること。
そして、ここにいる自分を信じること。

そんなことを、いつも心に感じながら、
2013年という時を過ごしていこうという想いを込めて
今年は『信』というひと文字を抱負にしたいと思います。


そして、最後に、2013年という年が
たくさんの人にとって、愛と光にあふれる年となりますように。





ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです(^^)

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comments 0

Leave a reply