ビーマーライトペン

14061306.jpg


ようやっとビーマーライトペンのベーシックコースを受講しました。
このブログを読み返してみると、
ビーマーライトペンに初めて興味を持ったのが2008年。
シャント先生に女神山でビーマーライトペンを試してもらってから
なんと、もう6年も経っていたのですね。

ビーマーライトペンのコースの中では
時空を旅したという感覚があり、その感覚がまだ残っているせいか、
6年という歳月に思いを寄せるだけで、
なんだか不思議な感じがよみがえってきます。

ベーシックコースは三日間だけだったのですが、
その中身は、想像以上に充実していました。

ビーマーライトペンというのは、
オーラソーマに光を照射した新しい可能性のヒーリング。

8年前にシャント先生に、そのときはほんの5分くらいだったのですが、
やっていただいたときには、そのエネルギーに驚き、
いつかは本格的にやってみたいと思いながら
タイミングがなかなか合わず、チャンスが訪れなかったのでした。

ということで、今回受講したのは、シャント先生では無く、
ガーラ先生の系統のビーマーライトペンだったのですが。

今回受講したビーマーライトペンでは、
チャクラや古代マヤの叡智がふんだんに盛り込まれていて、
そのエネルギーワークのレベルの高さに、本当に驚きの連続でした。

その時間の半分は、ビーマーライトペンのセッションを受けていたのですが、
とくに後半のセッションでは、これまでの過去世のヴィジョンが、
それも一生だけではなく、
いくつもの生が、フラッシュのように流れていくのでした。

時には、そのあまりの懐かしさに、涙が出そうになることも。

そうして、それらの過去の出来事の流れの先にある、
これから先のことも、ぼんやりと感じることができてきたのでした。

その中で、これまで、私の意識の奥に時々出てきていた
「時間がない」という言葉の真意さえも、理解することができたのが
もしかしたら、今回、一番の収穫だったかもしれません。


そういえば、コースの二日目の朝、会場に早く着きすぎてしまったので、
その近所を少し散策することにしました。

すると、樹木に囲まれたお堀の周りを歩いているとき、
あるヴィジョンが頭の中に甦ってきたのでした。

それは、広い部屋の中に、ヨーガの師匠のような
おじさんが座っていて、私の方を見ています。
その師匠のうしろの棚には、オーラソーマのボトルが置かれていました。

そのボトルは、上層がグリーンで下層がピンクの色を持っていました。
そのときは、そのボトルが「信頼」という名前だと私は勘違いしたのですが、
いずれにしても、とてもそのボトルが気になっていたのでした。

そんな光景が頭の中に甦ってきたのですが、
それがしばらくは、現実に起こったことなのか、
夢の世界でのことなのかが理解できずにいたのでした。

ようく考えてみると、私はここしばらくの間は、
このコース以外には出かけることはしていなかったので、
しばらくして、ようやく夕べ見た夢だったことに気づけたのですが。。。

そして、それが夢であったことに気づいてみると、
そのグリーンとピンクのボトルの名前も
「信頼」ではなく「愛への新しい始まり」ということにも気づけたのでした。

そのタイミングからして、このヴィジョンは、
ビーマーライトペンに関することへのメッセージであったのだと思います。

このボトルの意味の中にはゴールに気づくことができるというのがあるのですが、
今回、ビーマーライトペンに出会ったことによって、
私自身が何をしたいのかが、明確になって来たようにも感じます。

もっとも、それが、どんな方向に進んでいくのかは
まだわかりませんが。


ということで、ビーラーライトペンのセットが手元に届いたら、
オーラソーマのセッションのときに、希望される方には、
ビーマーライトペンも行おうかと思っています。

まだベーシックコースしか受けていないので、
オプションというか、サービスという形です。

ただ、まだ、肝心のビーマーライトペンが届かないので、
届いてできるようになったら、また改めてご案内しますね。




ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Comments 2

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/12 (Sat) 03:55 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

↑さん

↑さんもB21(グリーン/ピンク)のメッセージを受け取ってられたのですね。
不思議なシンクロに私もびっくりです。
「いまは全体でそういう流れ…、」
確かにそういうことなのかもしれないですね。
もしかしたら、いまは地球そのものが、
新しい目標に向かって歩き始めているときなのかも、
なんて、↑さんのコメントを拝見しているうちに
そんな壮大なイメージまで出てきてしまいました。(^^)

貴重なコメントをシェアしてくださり、こちらこそ、ありがとうございました。

2014/07/12 (Sat) 10:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply