虹色の空~Nijiiro no Kuu~

箱根仙石原でオーラソーマと呼ばれるカラーセラピーの自宅サロンを開いています

ビーマーライトペンのコースに行ってきました

14102803.jpg


すでに先週のこととなりましたが、
ガーラ先生のビーマーライトペンのレベル2を受けてきました。

東京での開催だったので、
箱根仙石原からは、初日に高速バスで向かい、
東京のホテルで2泊して三日間のセミナーとなりました。

そんなセミナーの初日となる朝に
印象に残る夢を見ました。

そこには、知っているような知らないようなある女性が出てきました。
その頃の私は、現実の生活に追われ、霊的には暗性の状態というか、
ちょっと、調子が悪いと感じていたときでした。

そんな私に対して、その夢の中の女性は、
「あなたはいま、いろんな固定概念にとらわれ過ぎているのよ。
だから、調子が悪くなっているの。」
というようなことをいってきました。

確かに、そのときの私の状態を思い起こしてみると、
あれはこんな風にしなきゃとか、これはこうしていなければとかと
いったように、すべてを型にはめて考えることが
強くなっていたときだったと思います。

その夢は、とても長い夢だったので、
ここに全部を書くことはできないのですが、
夢の最後のところで、その女性から
「一緒に歌を歌いましょう」と誘われました。

しかし、歌おうとした歌は、
その歌詞を知らなかったり、リズムがうまくとれなかったりと
どの歌もちゃんと歌うことができなかったのでした。
それは、その女性も同じでした。

そんなところで目が覚めたのですが、
歌いたくても歌えなかったということが、
なんとなく後味の悪さを残す夢となっていたのでした。

しかし、セミナーに向かうバスの中で、
もう一度この夢を思い出して、その意味を考えてみると、
もしかしたら、このタイミングでのこの夢は、
今回のセミナーで私が受け取るべき課題の示唆を
受けたのではないかと、そんな風な思いを感じることもできたのでした。


さて、ガーラ先生のセミナーを受けてみると、
ガーラ先生の印象が、写真よりもずっとステキなことが
少しだけ驚きだったりしました。

お写真だけでは想像できていなかったのですが、
とても心が自由な方で、それでいて、
いろんなことが論理的に整理されているというか、
神秘的な話も含めて、いろんな話が、
ストレートに私のハートに響いてくるという印象だったのです。

三日間を通して行ったことを一言で書いてしまうと、
「私は誰か」ということから始まって
各チャクラごとに、そのテーマに沿った内容を考案していきながら、
そのチャクラに、それぞれの神聖幾何学模様の
色と光を当てていくといったことを行っていきました。

ちょっと説明が難しくて、わかりにくいかもしれませんが。。。

神聖幾何学というのは、その形だけでも
あるエネルギーを持った幾何学模様を指します。

その光のエネルギーだけでも、
とても強いエネルギーを感じることができるのですが、
そのチャクラに沿った課題を考案していった後に光を当てることで、
さらに、そのチャクラに意識が向けられているので、
チャクラの活性化というか、バランスを上手に取っていくのに役立つのだと
感じることができたのでした。

そんなことをやっていた二日目のセミナーのときです。

最初に書いたその前日に見た夢の中で、
なぜ私は歌を歌うことができなかったのか
ということが、とてもクリアに理解できたのでした。

それは夢の中で、女性に、私が固定概念にとらわれ過ぎていると
言われたことと関連していたのでした。

そのとき歌おうとしていたのが、自分の歌ではなく、
いま世間に流れている歌でした。
しかしそれは、そのときの私の心にそぐわないものだったので、
歌詞も出てこなければ、リズムや音程すらも
合わせることができなかったのでした。

そういえば、これまでの夢の中で、私が気持ちよく歌を歌っているときは
既成の歌ではなく、そのときの私自身の心情や思いや感じたことを
即興で歌にして歌っていたのだったと、そんなことを思い出したのでした。

そして、そのことは、歌のことだけではなく、
いろんなことで、自分を型にはめ込むということを
無意識に行っていたことと関係していて、
それが最近の不調に繋がっていたことに
ここでも気づくことができたのでした。

それに気づくと、それからは、自分の思いや考えに対して、
余計な飾りや取り繕いはやめようという気持ちになって来ました。
深い意識から出てくるものを、そのまま受け取ろうという感じです。

すると、最後の考案の課題であった
「私の人生の中で統合したいもの」ということに対して、
私の深いところから、感じるものがあったのでした。

その問いに対して、すぐに出てきたのは、
「善と悪の統合」という言葉でした。
善とは何か、悪とは何か、そんな小難しいことを
本気で真剣に考えていることが最近多かったのですが、
その答えは、それまでは、わかったようなわからないような、
そんな感じでした。

しかし、そのときは、本当に深い意識から、
その答えといったようなものを、深く感じ取ることができたと
実感したのでした。

それに関しては、また別の機会があれば
書いていきたいなと思っていますが、エネルギーを使いながら、
そんな考案をしていく方法を知ることができたのは、
私にとって本当に大きなことだったと思います。

こういったことは、実際のサロンのセッションでも
応用していくことはできると思います。

いろんな人が、たくさんの苦しみを抱えていて、
それに対して、光を当て、そしてその苦しみを解凍していくこと。

そしてそういったことが、それぞれの人の魂の進化に
役立つことができたらと、そんなことを感じることができたのでした。


ということで、もう少し時間に余裕ができたら、
自宅サロンのメニューを、見直したいと考えています。

ビーマーライトペンを本格的にメニューの中に
組み込んでいきたいと思っています。

きちんとした形ができたら、またお知らせいたしますね。





ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

0 Comments

Add your comment