母のプロセス

14061308.jpg


愛ネコのミラムちゃんは、ある意味、私にとっては、
とても理想的な形で肉体から意識が離れていったと思います。
もちろん、悲しみはあったけど、
いろんな意味で、とても自然な形で訪れた死だったと思えます。

でも、科学が万能の今の時代に、
人間がそれを望むのは、少し難しいのかなと、
母を看取ったとき、そんな思いが出てくるような流れがあったのです。

母が他界したのは、ミラムちゃんを看取ってから23日目の朝でした。
病院で、ある検査の最中に突然に心臓が停止してしまったため、
あらゆる処置を施し、いったんは息を吹き返すことができたものの、
その二日後に亡くなりました。

その二日間は、たくさんの管を体中に取り付けられ、
機械で呼吸を行わされ、機械で血液を循環させられている母を見ていると、
生きているという意味が、さっぱりわからない気がしてきたくらいでした。

私自身は、よほどのことが無い限りは病院に行かないどころか、
自分自身の自然治癒力をできる限り損ないたくないため、
薬を飲むことは、ほとんどありません。
飲むとすると、ハーブティーくらいか、
あとは、ヨーガの呼吸法などで、体調不良を直すことを試みます。

しかし、実家の家族は、とにかく薬ですべてを解決しようとするので、
子供の頃から合わないなぁなんて思っていて、
そのせいもあってか、高校を卒業すると同時に家を出て、
ひとり暮らしを始めたくらいでした。
もちろん、ひとり暮らしはそれだけが理由ではないのは言うまでもありませんが。

そんなに薬が嫌なのは、過去世からの記憶なのかなと思えるくらいに、
物心がついた頃から、拒否反応が強かったことを思い出されます。

とはいっても、去年、父が他界してしまってからは、
介護が必要な母と、身障者の弟の二人だけにしておくわけにはいかなくなったので、
歩いてすぐの近くの家に引っ越してもらうことになったわけです。

もちろん、側に来たからといって、
私の価値観を押しつけることはしたくなかったので、
母や弟の医療のことは、本人の意志に任せることにし、
その件では、私はほとんど口を出さないようにしていました。

それ以外の面での母の介護に関しては、
ケアマネジャーさんと相談しながら方針を決めていったのですが、
箱根の環境がよほど良かったせいか、
母の状態は、引っ越す前よりも、とても明るく穏やかになり、
少なくとも精神面では、目に見えるほどに良くなってきていたのでした。

そんな頃に、胸の痛みを訴えた母を病院に連れて行った結果、
いきなりの死が訪れてしまったのでした。

ただ、母はすでに80歳をとうに過ぎた高齢だったので、
それまでに様子を見ながら、輪廻転生の話や、
次の生に転生するまでの中間状態であるバルドーの話、
さらに、バルドーに入るまでに、どれだけ心を軽くしておくかで、
楽に死を迎えることができるかということなどを話したりもしていました。

母は、私の話を、とても感慨深そうに聞いてくれたうえに、
「ひみちゃん(わたしのこと)は、いつも私がして欲しい話をしてくれるね」
と、しみじみと言ってくれたりしていました。

昔から気持ちの切り替えの早い母は、
私の話を聞くと、死に対する恐怖が消えていくという感覚を感じていたようで、
そんなことも、たどたどしい口調ではありましたが、話してくれていました。

そして、母の死は、そんな矢先の出来事でした。
もしかしたら、そういった話が功を奏したのかと思えたのは、
心臓が止まって、あらゆる処置で、いったんは息を吹き返した時の母は、
とても動揺していたのですが、
次の日になって、もう意識が戻らない状態になってしまったときは、
顔だけを見ていると、とても気持ちよさそうな寝顔で、
ただ眠っているだけのように見えてしまうくらいに、安らかな感じがあったのです。

母の意識に私の意識を合わせてみても
そのときには、動揺しているような様子は感じられなくなっていました。
ただ、そのまま母は、もう目を覚ますことはありませんでした。

それから少しした頃に、こんな夢を見ました。

私はベッドに横になっているのですが、
その私の周りを、悪鬼や悪霊のような生き物が何体も攻撃をしてくるのです。
それは、とても苦しいのですが、その苦しみを理解してくれるのは、
周りにいる、年寄りの人たちだけでした。
その年寄りの人たちとは、同じ世界を共有しているようで、
言葉も気持ちも通じ合うことができるのでした。
その世界の中に、私自身、どっぷりと浸かっているような印象でした。

しかし、もう少し遠くを見てみると、そこには、もうひとりの私がいます。
もうひとりの私が、夫と一緒に穏やかな笑みを浮かべて、こちらを見ています。
そして、もうひとりの私と夫の周りには
悪鬼や悪霊がまったくいないどころか、静かで透明な空気が漂っています。

そこで、ベッドに横たわっていた私は、あれっと気づきます。
いま私の周りにいる悪鬼や悪霊たちが、私の周りにしかいないということは、
これらは、もしかしたら、私自身が作り出した幻影…?
ということは、この苦しみも、私自身が作り出した幻影…?
ああ、そうか、すべては私の心が作り出した幻影だったんだ。

そう心から思った瞬間に、ベッドに横たわっていた私の周りにいた悪霊達は
いっぺんに消え去ってしまい、ついでに
その世界を共有していたお年寄り達も消えていました。
そして、そこには、いままでには無かった透明な光があふれ出したのです。
そして、ベッドから起き上がることができなかったはずの私は
ベッドから軽々と起き上がり、
そして、もうひとりの私がいた側にあった扉まで歩いて行って、
その扉をあけて、次の世界へと飛び出していきました。

そのときの私は、苦しみから解放されていて、とても心が軽かったので、
笑顔で扉を開けることができたのでした。

そこで目が覚めたのですが、目が覚めた瞬間に感じたことは、
ベッドに横たわっていた私というのは、母のことだということでした。
母の意識の中に、私の意識が入り込んでしまったのです。
そして、この夢が、母の死のプロセスだったのだと、直感的に感じました。

子供の頃から、母と私の顔立ちがよく似ていると誰からも言われ続けてきていたので、
母も私も、どこかでお互いを同一視している部分があったのかもしれません。
そのため、夢の中でも、私なのか母なのか、
私も母も区別がつきにくくなっていたのかなと感じたりもします。

そして、チベットの本には、死が訪れた瞬間は、
心が解放する大きなチャンスなのだと書いてあるのですが、
母は、本にあるとおりに、死の瞬間に心が解放されたのだと、
そう感じることができたのでした。

そう考えると、今回の一連の出来事は、
必要があって訪れた流れだったのかと、そんな風にも感じます。

そういえば、母とミラムちゃんは、一見すると、
まったく別のプロセスをたどったようにも感じるのですが、
いくつかの不思議な共通点もあったのです。

中でも一番に不思議だったことを書いておきます。

母が危篤状態になったときに、
私と姉妹同然に育った従姉妹の姉がいるのですが、
その人に母の危篤を知らせました。
遠くにいたので、すぐには駆けつけられなかったのですが、
報せを受けてから、ずっと祈ってくれていたようです。
その従姉妹は、あとになって教えてくれたのですが、
「不思議なことに、自分も自分の息子も、
それまで、ずっと何かがつかえているかのように胸が苦しかったのに、
叔母さん(私の母)が亡くなったと聞いた日の朝から、
二人とも胸のつかえが無くなってすっきりしていたの」
と話していました。

これは、私と夫がミラムちゃんが死を迎えたときに感じたことと
本当によく似た現象だったので、
聞いている私も、とても不思議に感じたのでした。

これらは、ミラムちゃんにとっても、母にとっても、
新しい始まりのために、何か別の大きな存在の意思によって
導かれていったのかなと、そんなことを感じたりもしています。

すべてが流転していく大いなる流れ、
この流れを止めることはできないけど、
そんな流れは、私たちの魂を成長させるためには必要なことなのだと、
そんな風に感じています。

そして、すべては無常ではあるけれど、
その無常を知り、そして、それを超えていくことが
私たちが生かされている本当の意味なのだと、
そんな風にも感じるのでした。

ただ、そんな中でも、母とは生きている時から、
とても縁が深いと感じることがよくありました。
その縁によって、またいつかどこかで
きっと会えるのだろうと、そんなことも感じるのでした。




ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Comments 0

Leave a reply