ヴィッキーさんの夢から

17060308.jpg


数日前、とても珍しいと言えるくらいに本当に久しぶりに、
ヴィッキーさんが夢に出てきました。

ヴィッキーさんは、オーラソーマの創始者の人で、
すでに亡くなっているのですが、
亡くなるとき、天界からオーラソーマを見守るという言葉を残して
肉体から去って行かれたと聞いています。

でも、夢の中では、ヴィッキーさんは
まだ私と同じ人間の世界にいると、私は考えていて、
ヴィッキーさんのセミナーを受けていたのでした。

夢の中でセミナーを受けながら、
私は、もっときちんとオーラソーマをやるべきなのかな、とか思っていて、
もしそうなら、目の前にあるオーラソーマのボトルが勝手に動くはず、
なんて心の中で考えると、しっかりと、目の前のボトルが
宙に浮いたりして、勝手に動くのでした。

やっぱり、もうちょっと、ちゃんとやらないといけないのかな、
などと考えているうちに目が覚めたのでした。


現実の世界では、最近でも、オーラソーマのボトルは、
自分でも使ってはいるのですが、
その使い方は、心のケアのため、ではなく、
身体的な不調の改善のためと、ちょっと違う使い方をしていました。

今年の春は、うちの庭にとても虫が多く発生してしまい、
庭の木や花がやられてしまうので、
殺虫剤は使わないものの、虫を筆ではたいて花から落としたり、
ちょっと大きめの虫は、割り箸でつまんで、
敷地から出ていってもらったりしていました。

できるだけ殺さないようにはしていたものの、
筆ではたいたりしているうちに
幾つかの虫たちは、お亡くなりになってしまうこともあったようで、
そうなると、その日の夜には、私自身の足が痛くなってしまうのです。

虫さん達の苦しみが、こっちに入り込んでしまうというか。。。
私自身が虫を痛めつけたのだから、
その苦しみが私に返ってくるのはカルマとしては至極当然のことではあるのですが、
やっぱり、なんとかならないものかと思ってしまって、
赤い色が入っているオーラソーマのボトルを痛いところに塗ったりしていました。

赤は第一チャクラの色なので、足に塗るならレッドになるからです。

レッドのボトルを塗ると、不思議なことに足の痛みが、かなり和らいでくれるので、
一日一回は、ボトルを身体に塗っていました。

オーラソーマは、ハーブを始めとした植物で作られているので、
身体に対して効果があるのは当然と言えば当然のことなんです。

ただ、そういったことを目的として作られているわけではないため、
薬としての届け出はしていないので、
身体にも効くと言って販売をしてしまうと、薬事法違反になってしまいます。
だから、そういうことは言わないんですけども。

もっとも、身体の痛みがエネルギーの詰まりから来ていると考えれば、
ハーブなどの処方で痛みが取れるというのも
とても自然で納得のいくことだとも思えます。

でも、そういった身体的レベルの話だけではなく、
色が作り出す世界を見つめていくという意味で、
もっとオーラソーマを見ていきたいかもと、
そんなことをヴィッキーさんの夢から感じたのでした。

チャクラそのものが、ひとつの世界として例えることができるので、
例えば、レッドを通して第一チャクラの世界を感じ、見ることができるし、
例えば、ブルーは第五チャクラ(喉のチャクラ)に対応しているので、
ブルーを通して、そのチャクラの世界を見ることができると。

チャクラそのものがひとつの宇宙を創り出していると考えれば、
色を見つめていくことが、宇宙の一部を見つめる事にも繋がります。

そういったことが、本当のオーラソーマの醍醐味ですよね。

こういったことを考えさせてくれたせっかくの機会です。
色の持つ世界を感じる時間を、少し作ってみようかな。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Comments 0

Leave a reply