肩こりとカフェイン

17060313.jpg


最近では、コーヒーは一部の癌の予防になるとかの研究結果も出てきて、
かつては否定的なイメージばかりが強かったカフェインも
だんだんとイメージアップを図っているように感じます。

でも、それでもやっぱり、私はカフェインが苦手。
カフェインの入った飲み物を、カップに一杯くらいなら大丈夫なのですが、
何杯も飲んでしまうと、胸焼けがしてくると同時に、
頭もクラクラしてきて、今にも倒れそうになってしまいます。
これって、カフェインアレルギーとか
カフェイン過敏症と呼ばれる症状らしいですね。

そんな症状が出てくるにもかかわらず、
最近は、ついついチャイティーに凝ってしまって、
毎日、一杯ずつ、チャイティーを飲み続けてしまいました。

チャイティーとは、インドのスパイスたっぷりのミルクティのことです。
手軽に飲みたかったので、自分でシナモンやクローブ等のスパイスに加え、
ココナッツミルクを入れたものを作って飲んでいました。

とっても美味しかったんですが、でも、やっぱり
カフェイン過敏症の、今度は別の症状が出てきてしまいました。

身体の、特に肩の部分に過剰な緊張を感じるようになってしまったのです。
もしかしたら、これが慢性的な肩こりというものなのかもしれません。

元々カフェインの入った飲料を飲むと目が覚めると言います。
これは、言い方を変えれば、身体や脳に対し、緊張を与えることになり、
目が覚めたように感じることもあるということなんですね。

でも、その緊張があまり望ましくない形で現れてくると、
身体の柔軟さが損なわれて、身体が硬くなったり、
ひどくなってくると、凝りや痛みの原因になることもあるんだと、
今回、つくづくと実感することができてしまいました。

身体だけでなく、心においてもそうですが、
緊張が続きすぎてもダメだし、かといって、
ずっと、ゆったり感が続き過ぎるのも良くありません。
緊張と弛緩のバランスが、とても大切です。

私のように、カフェイン過敏症でなければ、
カフェインの影響が極端に出る人は多くないかもしれません。

でも、そんな中でも、夜眠れないという人だけでなく、
身体のあちこちに凝りの症状が出ているという人は、
カフェインを過剰に取り過ぎていないかを
チェック項目のひとつに入れてもいいのかもしれないと、
今回の体験で実感できました。

もちろん、凝りの原因は、カフェインだけではありませんけども。


そして、凝りが始まってからの私は、もちろんチャイティは控えて、
代わりにリラックス効果のあるカモミールのハーブティーに
いろいろアレンジをして飲んでいます。

それと同時に、肩の力をすべて抜いていくというイメージをした後に、
呼吸法を使ったゆったりとした首の運動をこまめに行っています。
それで、だいぶ改善されてきたのですが、
外に出たときに、ついついミルクティを飲んでしまうと、
やはり、肩に過剰な緊張を感じてしまいます。

それで、やっぱり、肩の異常な緊張感はカフェインが原因なんだなと
さらに実感はできるのですが、
もう少し真面目に精進しないといけませんよね。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
参加中のランキングサイトです。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Comments 2

どう思われますか  

どう思われますか

こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧なもので、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

④ 『今の世界は虚構であり、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。

2017/07/24 (Mon) 10:41 | EDIT | REPLY |   

緋彌華  

Re: どう思われますか

記事と関係のないコメントだったので、承認をどうしようかと思ったのですが、
いちおう承認しておきました。
どう思われますか、ということなので、いちおう感想を書いておきます。

遺伝子やDNAを作ったのは「遠い未来の人間」ということですが、
では、遠い未来の人間はどうしてできたのでしょうか?
ということになってしまうと思います。

仮に、それでも作ったのが遠い未来の人間だったとするなら、
過去、現在、未来という時間軸とはなんなのかをキッチリ説明できなければ
証明にはならないのではないでしょうか。

ただ、この世界が虚構であるという見解に関しては、
虚構であり、幻影であるという言葉を付け足すならば、
実は、私も同じような認識ではいます。
しかし、本当の自分は「科学を持った遠い未来」にいるのではなく、
「科学すらも超越している真我の世界」にあると思っています。
物質世界そのものが幻影であるという考え方です。

また、神々の意識というか、宇宙の根源的なものの意識というのは、
人間の意識や思考では、とうてい及ばないものであり、
人間の知能では、複雑で難解な法則であっても、
宇宙の根源的な立場にとっては、ごく普通のこととして感じ取っている可能性もあります。
(そこに意識があればの話ですが)

でも、こういった話で議論をしても仕方がないことだというのが私の本音です。
なので、この話はここまで、ということにしていただいた上で
いちおう、私個人はこう感じているということは記しておきました。
あまり、参考にならないかもしれませんが。。。

2017/08/15 (Tue) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply