水瓶座の時代と私の妄想

今日は水瓶座の時代に入ったときに
いったいどういうことが起こるのか
私が妄想していることを書いてみたいと思います。
あくまでも私の妄想なので
あまり真に受けないで読んでくださいね。
前回の記事では水瓶座の時代に入ったら
科学と精神性が融合して、
新しい概念が発見されるのではないかと書きました。

たとえば、それは「引力」がなにかというのが解明されるとか…?

「引力」は確かに現在ではすでに発見されていることです。
でも、その「引力」とは、いったいなんなのかということまでは
現代科学では解明されていません。

ヨガをやっている人の中には
「引力」とは「煩悩」のことだと言っている方もいます。

人間が持っている「気」には
ヨガではその部位によって名前が付けられています。
低位レベルの煩悩が強くなってくると
下半身の部位にある「アパーナ気」というものが動きだします。
そうなってくると「引力」に引っ張られているような状態になり
たとえば足音が大きくなるなどの現象が起こります。
逆に鼻のあたりから上の部位にある「ウダーナ気」というものを使うと
宙に浮くような軽やかなリズムで早く歩くこともできます。
(他にもいろいろできることはあるのですが…)
そのウダーナ気を使うためには
多くの煩悩を遮断しなければ使うことはできません。

おそらく、こういった事象から
「引力」とは「煩悩」のことだという結論が出ているのかなって
ほんとはもっと深い意味合いもあるのかもしれないのですが
私自身はそういうふうに解釈していました。

で、その引力が解明されたらいったいどういった現象が起こるのか…。
ここからが、いよいよ、私の妄想です。

ずっと以前に、別々のふたりの知り合いが似たような夢をみました。
それは、ふたりともがエジプトのピラミッドを建設している夢でした。

いま現在では、ピラミッドの建設は力学的な力を使って
行われていたのではないかという説が有力です。
しかし、そのふたりの夢では
現場監督のような人が、ある特殊な笛を吹くと
引力をコントロールすることができるようで
あの巨大で重たい石が、ふたりくらいの力で
楽々と持ち上げられるようになって
ピラミッドに積み上げていったというものでした。

私は決して、現代の説を否定しているわけではないし
ふたりが別々に同じ夢をみたからといって
それを鵜呑みにしようと思っているわけではないのですが
そのふたりが仲のいいふたりというわけではなかったことがよけいに
なにかあるのかなって、ちょっとだけ思っていたりしています。

ほんとに、これは夢物語の妄想なのですが
水瓶座の時代がきたときに
こんな風に(といっても引力には限りませんが)
科学というものが精神的な分野にまで踏み込んでくれば
全くいままでの概念が覆されるような
なにかが発見されるのかなって夢想してたりします。
関連記事

Comments 6

sorairobook  

奇特な人...(笑)思わず,クリックしてしまいました♪
この夢の話は,まったく別の方が,似たようなことを
コミックで描かれていたのを思い出させました.
イティハーサというものなのですが,そこは,昔の日本風の人が,
言霊を使って,大きな岩を持って...
というか軽々指の上に浮かせて歩く
というシーンから,話が始まります.
科学という目線から描かれる作家さんなので,
何となく,つながりを感じました.
でも,この話の終わり方には色々な意見があったようです.
でも,絵はとても美しく,広い世界観だなと感じました.
音を使って物を動かすというところにも,共通点を感じたり...

2005/12/06 (Tue) 17:01 | EDIT | REPLY |   

venus_transit  

じゅうぶんに有りうることなんじゃないでしょうか
具体的に何がどうなるかは分からないですけれど
そういった言霊・音霊・数霊などやそれ以外でも
永く封印されてきたものが平和的に使われるかもしれませんね

2005/12/06 (Tue) 17:01 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>ふうさん
イティハーサはふうさんのライフログに紹介されていたときに
かなり気になっていたんですけど、
本屋さんにも置いてないし、アマゾンとかからわざわざ取り寄せも
大人げないしということで、ずっと保留にしてたんです。
でも、やっぱりおもしろそう♪
おもいきって、お取り寄せしてみよかな。
音っていうのも、かなり深い意味合いがあるんですよ。
ご存じかもしれないけど。
でも、今回は長くなるので省略しちゃいました。
その意味合いも、今度、話がまとまったら書いてみるかもしれません。

2005/12/06 (Tue) 17:02 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>venus_transit
現代では「不思議」とされてるものが、日常であたりまえのように
使われるようになったらって考えると、やっぱりワクワクしちゃいます♪
それには、ひとりひとりの精神的意識が高くならないと
無理なのかもしれないのですけど、
早くそんな時代が来るといいですよね♪

2005/12/06 (Tue) 17:02 | EDIT | REPLY |   

silver-eagle  

himika-sさま、こんにちは。

「ウダーナ気」の記事を読んでいて、あるヒーリング関係のビデオを見ていたとき、「昔の修行者は山林に篭り、主に性的エネルギーを禁欲等で整え、頭部にある松果体を活性化して、ヒ-リングや超能力のようなものを開発した」という話を思い出しました。

また、いわゆる「ポルターガイスト現象」が、思春期の少年少女の精神的エネルギー(成長期の性的エネルギー)ではないかという話も読んだことがあります。(ごめんなさい、昔のうるおぼえなので、確かな文献がみつかったらお知らせいたします。)
人の精神エネルギーは家具を動かすことができるのであれば、集まれば、ピラミッドの磐も動かせたかもしれません。

人間や自然の持っているエネルギーは、未知のものがあり、
それが解明されていくのが水瓶座の時代ではないかと私は思います。
良い方向へ解明されることを祈るものであります。

2005/12/06 (Tue) 17:03 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>silver-eagleさま
ようこそ、こんにちは♪
silver-eagle さんの話は、具体的でおもしろいです♪
精神的なエネルギーを自在にコントロールできれば
それはほんとに夢のような世界になるのでしょうね。
それには、まず、私自身も含めて、ひとりひとりがもっと
精神性を高めることが必要なのですよね。
ポルターガイスト現象で終わってしまっては
逆に世の中が恐怖で混乱してしまいますものね。

本当の意味での科学と精神性が融合された時代が訪れることを
今の段階では、まだまだ夢物語でも、私も祈り続けていたいです。

2005/12/06 (Tue) 17:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply