回復しました♪

すっかりご無沙汰してしまいました。
しばらく放置していたにもかかわらず
毎日たくさんの人が訪問していただいたようで
ほんとにありがとうございます。

さて、今回の体調崩れなんですけど
前のときは説明が面倒ということもあって(ごめんなさい)
「風邪」と書いたのですけど、回復してもう一度振り返ってみても
風邪というより、やはり「気道の詰まり」かな
という印象を持っています。

症状としては、最初は肩や背中が痛くて
その痛みが少しずつ上に上がって
次に喉が痛くなって、その後、目が痛くなって
最後に頭が痛くなって直ったって感じでした。

「気道」と言っても、聞き慣れない人には
ピンと来ないかもしれませんが
人間の体の中には、気が流れる通り道があるのだと
そんなふうに認識してくださいませ。

参考までにほんとに簡単な説明を加えておきますと
一番大事な気道が「スシュムナー気道」と言って
尾てい骨から頭頂までの背中にドンとまっすぐのびています。
そのスシュムナー気道を中心に
それぞれの七つのチャクラで交差しながら
「イダー気道」と「ピンガラ気道」というものが
やはり頭頂まで、こちらは曲線を描きながら伸びています。

他にも細かい気道はあるのですが
大抵の場合、気道といえば、この三本を差すことがほとんどです。

ちなみに、この気道のことを
インドなどでは「ナーディー」と呼んでいます。

通常の現代生活を送るほとんどの場合、
この気道が頭頂まで通ることはないのですが
ヨガの行法などで、通すことは可能です。

しかし、この気道を通すとき
人によっては痛みや熱や、ひどいときは
大量のウミを体から流しながら気道を通していくことになります。

しかし、いったん気道が通れば、そこをクンダリニーというエネルギーが
通るときは、ものすごく気持ちのいい状態にもなるのですが…。

また、いったん苦労して通った気道でも
いまの時代、しっかり行法や心の浄化を続けていないと
すぐに詰まってしまうことになり
そのときは、痛みなどのシグナルで知らされることになります。

で、今回の私の体調崩れは、これかなぁという感じなんです。
まさに日頃の行いの悪さ故の体調崩れでした。(なみだ

でも、今回の体調崩れのおかげで
いろいろおもしろい体験や発見もあったので
また、少しずつ、そんなことを
忘れないうちにこのブログに書き記していけたらいいなと思ってます。
関連記事

Comments 4

sorairobook  

無事回復(?)してよかったです♪
おもしろい体験とは。。。何でしょう。
また、色んな体験話を聞かせてくださいね。

2005/12/07 (Wed) 10:23 | EDIT | REPLY |   

silver-eagle  

himikaさま、体調快復されてよかったですね。
私も同時期熱がでました。最初は疲れから、体の凝りが抜けず、後は似た経過をたどりました。
「気道」の考えかた、なるほどと思いました。心体のメンテナンスを見直さねばと思いました。ヨガなど又参考になる情報をお願いします☆

2005/12/07 (Wed) 10:24 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>ふうさん
ちょっとコミカルな体験からシリアスな体験もありました。
シリアスな体験はいまちょっと書いたんですけど
結論がちゃんとまとまるかどうかは不明です。^_^;
少しずつ、まとめていけるところから、まとめてみますね。

2005/12/07 (Wed) 10:24 | EDIT | REPLY |   

緋彌華(himika)  

>silver-eagleさん
銀鷲さんも体調崩されてたんですね。(T.T)
体調が崩れたとき、その原因を心と体の両面から
いろいろ探っていくと、いろんなことが見えてきたりもしました。
参考になるかどうかはわからないのですけど
少しずつヨガというか、私の場合は
仏教観も含まれるかもしれないのですが
まとめていけたらいいなと思ってます。

2005/12/07 (Wed) 10:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply